2008年のバックナンバー

Vol.10  2008年12月号

VOL.10 チェンマイショッパーズガイド

チェンマイは雑貨の宝庫。バンコクで売っている雑貨の多くはチェンマイが生産地だと言われています。山岳民族のハンドメイド製品を始め、セラドン焼きなどの定番雑貨、オシャレなトレンド小物まで、世界中からバイヤーが買い付けに訪れるチェンマイで思いっきりショッピングを楽しんで!

Vol.9  2008年11月号

VOL.09 お洒落に旅するチェンマイ紀行

かつてタイの首都として栄華を極めた歴史もあるチェンマイ。ランナータイ王朝慈愛に築き上げられた独自の芸術と文化が根付くその街は、今なおタイ国内外で活躍する芸術家たちの聖地として、アーティスティックに進化し続けている。今回のチェンマイ紀行はアジアを代表するインテリアデザイナーの一人、EAKRIT氏を旅先案内人に迎え、チェンマイの"お洒落&クール"なスポットをご紹介します。

CONTENTS


    Vol.8  2008年10月号

    VOL.08 セントラル・チットロム ショップクルーズ

    バンコクを中心にタイ国内に14店舗を構えるセントラルデパート。その旗艦店であるチットロム店は2006年、タイ王室よりガルーダの紋章を受勲した唯一の百貨店なのです。社会的貢献度が高く、倫理的にも経営的にも一定以上の基準が備わった企業に授けられるガルーダ紋。セントラル・チットロムが栄誉あるこの紋章を得るに相応しいデパートであることは、タイ人だけでなく日本人の私達から見ても明らか! さあこの秋は、創業60年を迎え、ますますパワーアップしたセントラル・チットロムへGO!

    CONTENTS


      Vol.7  2008年09月号

      VOL.07 決定!バンコク ビューティープラン

      「今の私はもっともっとキレイになれるはず…」 主婦になってもママになっても美しい人は美しい。"美の追求" それは女性にとって永遠のテーマ。さあ、美容天国バンコクで、美しさと若さを手に入れましょう。

      CONTENTS


        Vol.6  2008年08月号

        VOL.06 ワーキング・ウーマン in バンコク

        ・バンコクの有名企業で働く女性たち
        セントラルワールド/マダムフィガロ/エンポリアム/資生堂/タイ国際航空/バムルンラード病院/M.A. Cosmetics/RMK
        ・ワーキング・ウーマンのファッション&バッグの中身拝見!
        ・バンコクで活躍する日本人女性たち

        CONTENTS


          Vol.5  2008年07月号

          VOL.05 VIVA!プーケット 真夏のリゾート

          アクティブに過ごすプーケット! コーラル島・タウン散策・プーケットファンタシーショー
          ホテルでのんびり優雅に過ごすプーケット! "Mövenpick Resort & Spa Karon Beach Phuket"
          プーケット最大のショッピングモール JUNGCEYLONへ行こう!
          グルメなマーケット "ダ・マウリッツォ" "バーン・リンパ" "フン・ファッツ"
          プーケットマップ・プーケットみやげ

          CONTENTS


            Vol.4  2008年06月号

            VOL.04 雨の日はcaféでまったり…

            6月、日本は梅雨に入る時期だけど、ここバンコクも雨期の真っただ中。スコールだけならまだしも、1日中雨なんて日も少なくない。そんな日はカフェでまったり過ごすのはどう?WOM編集部がお気に入りのカフェ探しをお手伝いします。

            CONTENTS


              Vol.3  2008年05月号

              VOL.03 憧れの海外駐在生活!バンコク暮らしスタートに向けて… 新人&先輩 駐在奥さま座談会

              今のお家に満足してる?バンコクの水事情…タイ語が話せないと不自由?みんなどんな習いごとしてる?お友達はどうやって作る?本帰国までにやりたいこと
              e.t.c…

              CONTENTS


                Vol.2  2008年04月号

                VOL.02 スアンルム・ナイトバザーへ急げ!

                2001年にオープンしたスアンルム(ルンピニ公園)ナイトバザー。毎日夕方6時頃から深夜にかけて、地元っ子はもちろん観光客も多く訪れ、大賑わいのこのマーケット… それがもうすぐ閉鎖!?最近そんな噂をよく耳にするけど、果たしてその真相は?管理事務局の話によると、現在土地に関する契約をめぐって裁判を行なっており、少なくともあと2〜3年はこのまま営業し続ける方針とのこと。でもここはタイランド、いつどうなるかわからない!?可愛い雑貨やお洒落なショップが沢山見つかるスアンルム・ナイトバザー、なくなる前に急がなきゃ!

                CONTENTS