バックナンバー VOL.148 レンタル夏きものでお散歩

Vol.148 CONTENTS

レンタル 夏きものでお散歩

新型コロナウィルス感染収束期にあるタイ。外に出掛けることが出来るようになり、街には徐々に活気が戻っています。..

Nan Bei

ナンベイ香港に本社を置く、ローズウッド・ホテル&リゾーツがプルンチットにオープンしました。タイではプーケットに続き2軒目となります。細部に至るまでこだわり抜いた、美術品のように美しい建築とインテリアは必見です。今回は、その19階にある中華レストラン「Nan Bei」をご紹介します。中国の南と北、まさにナンベイの郷土料理を、シェフ歴25年のマシューゲン氏が披露するこち..

Siam Tea Room

サイアム・ティー・ルームスクムビット・ソイ22のマリオット・マーキス・クイーンズパークG階にあるタイレストラン「Siam Tea Room」は、本格的なタイ料理に加え、ベーカリーやデリが楽しめるカジュアルなカフェスタイルとなっています。シェフのモットーは、ヘルシーでクオリティの高いローカル食材を、伝統的な調理法でサーブすること。タイ北部産の茶葉を使ったお茶やコーヒー、スムー..

大好き★ランチ EDO KITCHEN

エドキッチンスクムビット49、サミティヴェート病院の向かい側の一角に移転して2 年目を迎える中華料理店「エドキッチン」。東京の有名な高級中華料理店や横浜中華街、さらに海外で経験を積んだ日本人シェフが腕を振るう人気店です。“新鮮な素材を生かし、最も美味しい状態でサーブする”日本人好みにアレンジを加えたエドキッチンの中華は、「これこれ、これが食べたかった!」と顧客を感動させ続け..

大好き★ランチ The Gardens

ザ・ガーデンズエカマイ駅から徒歩圏にある「ザ・ガーデンズ」は、20 世紀初頭にチュラロンコン国王陛下からランパイ・プラパ王妃に授けられた特別な場所にあります。美しいガーデンに囲まれた優雅な一軒家は「ワン・ディンソー」という名でも知られています。レストランのコンセプトは“宮殿"。スクムビットの喧騒が嘘のような、ノスタルジックで静かな時間が流れるこの場所で、洗練された欧米料理を..

La Casa Nostra

ラ・カーサ・ノストラワイン好き必見! お洒落な一軒家イタリアンレストラン「ラ・カーサ・ノストラ」はイタリア産、フランス産トップワインの独占販売代理店「The Wine Merchant Co.」とプーケットの伝説のレストラン「Acqua」のアレッサンドロ氏の発案で誕生しました。「気取らない料理、手間のかからないサービス、美味しいワインを手頃な価格で提供」をモットーに、イタリ..

第18回 タイの魅力を伝える仕事に出会えました

 バンコク駐妻生活は、1998年から2003年の5年間。暮らし始めたのは雨季だったので、ほぼ毎日、大きな雷が落ちるたびに停電。道はスコールのたびに膝上まで水没。1歳半の息子を抱え、不安でいっぱいでした。 でも、道行くタイの人たちは息子ににっこり、ドアも必ず開けてくれる。食事に行けば、抱っこしていてあげるからゆっくり食べなさい、と。良い運転手とアヤさんにも恵まれ、2歳から入ったインター幼稚園で..

Vol.36ポストコロナの V字型景気回復期待

4月号で、問題は世界的なパンデミック状態がどれほど長く続くか次第、と書きました。世界の主要国は、いち早く行動し、失われた需要を補うための経済対策を財政・金融両面で大規模に実施しました。もし短期間で景気回復への道筋がつけられれば、政策として透過したコストを取り返すことは可能になります。一方で、長引けば財政状況の厳しい世界各国の政府部門にとって、赤字が大きく拡大し、景気にも悪い影響を与えることに..

[Vol.102] メイクの色選びに役立つ、イエベとブルべのポイント(その2)

前回(4月号)では、お肌のイエローベース(以下イエベ)とブルーベース(以下ブルべ)の分類の簡単なセルフチェック方法をお伝えしました。ご自身に似合う色と似合わない色では、見た目の印象が大きく変わります。似合う色と似合わない色の見極めは、非常に大切です。ご自身に似合うベースカラーを使用した場合と似合わないベースカラーをメイクに使用した場合、次のような結果が起こります。   似合うベースカラーを使..

第119回 似合う色を客観的に探すには?

 バンコクで暮らしていると、日焼けの影響や生活環境の変化で、日本にいた頃と比べて肌の色も少し変わったかもと感じている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。特に女性の方はメイク用品を購入する際に「自分はどんな肌色・肌質なんだろう?」と、自分の肌の客観的な見方がよくわからないという声もよく耳にします。 そこで今回は自分の肌の色の客観的に分析し、似合う色を見つける方法をご紹介します。まず日本人..

第3回 BO'DI:K

◎案内人:大久保剛志(サッカー選手・NAVY所属) ※この撮影は3月上旬に行いましたWOMの読者は女性が多いけれど、毎月のアンケートに答えてくれる男性も多いんです! 最近は単身赴任やシングルの若い男性も増えているバンコク駐在員事情。今どきのお洒落な日本人男性に、お勧め情報をお届けします。「トレーニングは今どき男子の必須ルーティン」 「痩せたい、鍛えたい、正しいト..

創造の森

創造の森個展開催します!
所蔵作品から新作まで幅広く
展示予定です!
皆様是非いらしてください!

Vol.30 妖艶なアプサラダンスの悲哀(真相編!?)

 金色の尖塔を頭上に戴き、透き通る薄物を胴に巻いて手を反らし、腕を蛇のようにくねらせ、ヒップを強調して、ゆるゆると官能的に踊るアプサラダンス。ヒンドゥー神話の天女アプサラスの舞いで、発祥は9世紀から15世紀まで続いたクメール王朝の宮廷といわれています。アンコールワットの壁や石柱には、多く踊り子たちのレリーフが遺されています。 カンボジアはシャムの侵略に伴いクメール王朝が滅んだ後、ずっと暗黒時..

第134回 キクラゲ (ヘッ・フーヌー)

インフルエンザやコロナウイルスなどの感染症には「免疫力」が重要だということで、ビタミンDが注目されました。ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進して骨を丈夫にし、筋力を高める働きもあります。日本人の9割がビタミンD不足だそうで、食べ物から積極的に摂取したいところです。野菜類にはほとんど入っていませんので、今回は、キノコ類からキクラゲを紹介します。キクラゲとキュウリの和風ナムルキ..

第4回 Chico

◎案内人:大久保剛志(サッカー選手・NAVY所属)WOMの読者は女性が多いけれど、毎月のアンケートに答えてくれる男性も多いんです! 最近は単身赴任やシングルの若い男性も増えているバンコク駐在員事情。今どきのお洒落な日本人男性に、お勧め情報をお届けします。「今どき男子は雑貨とスイーツと猫が好き」 スクムビット53の奥にある一軒家雑貨店「Chico」は、オーナーのチ..

第19回 非日常からの非日常へ

タイには何度か訪れた事があり大好きな国だったので、夫にタイ赴任の話があがったときは、小躍りして喜んだものでした。初めての海外生活でしたが、不安よりもとにかく楽しみの方が勝って、また新しい人生が始まるくらいの意気込みでタイに上陸したのを覚えています。バンコク生活の基軸となったのはなんといってもタイ語学校で、ここで出会った友人とここから拡がった人の輪が、私のバンコク生活をより豊かで彩りあるものにしてく..

[Vol.103] メイクの色選びに役立つ、イエベとブルべのポイント(その3)

4月号のコスメパーラーにて、イエローベース肌(以下イエベ)とブルーベース肌(以下ブルべ)のセルフチェック方法をお伝えしました。 イエベと判断された場合の似合うメイクの色味は、以下の通りです。 1. ファウンデーション。オークル系、もしくはベージュ系の黄みがかったファウンデーション。お肌の色の黄みが強い場合はベージュ系をお選びください。
2. アイシャドウ。ブラウン系、オレンジ系、..

Vol.37 香港の一国二制度はどうなるのか?

 6月30日、中国政府は香港国家安全法案を成立させ、即日施行しました。翌日7月1日は、23回目の香港返還記念日でしたが、この前日に法案を成立させて、中国政府の新たな香港統治に対する強い意思を示す意味を込めたと思われます。 国家安全法は、香港基本法18条にある通り、香港政府が制定するべきものでした。しかし、2003年に香港政府が同法案を香港立法会に諮ったときには、50万人の市民が抗議デモに参加..

第120回 自分に似合う色を知ろう!!

バンコクでは鮮やかな色が映える地域なのはご存じでしょうか?日本から持ってきた黒やグレー、茶などの地味な色の服がなぜかしっくりこないと感じてらっしゃる方も多いかと思います。それは、同じ色でもタイと日本では見え方に違いがあり、これは緯度差が22度もあるからです。タイは赤道に近く、太陽光が真下に差し込むため環境色が赤味を帯びてみえるのです。そのため、同じブルーでも違ってみえてきます。また、日本人の..

創造の森

創造の森今私の中のエネルギーが手に集中してきた、
ドキドキして離れられない。
この瞬間のために人生をかけて絵を
描いてるような気がする、
そして私はいつも出口のない想像の森を
さまよっている。

Vol.31 美しさは見せたり聞かせたりするより、掴むが早い!

コロナ禍で東京移住を余儀なくされて数か月、皆様お元気にお過ごしでいらっしゃいますか。過日、ドイツ在住の友人主催の「五感を磨くオンライン美人塾」セミナーが日欧でzoom開催され、その“触感"部門の講師をつとめました。 五感とは五官(目・耳・鼻・舌・皮膚)でキャッチする視聴嗅味触の感覚です。感覚を磨く美人塾となれば、しかも“触覚から美人"なんて、どこから手をつけたらいいか正直困惑しました。 五官..

第117回 海外に住むということ

バンコクでは、コロナ感染も落ち着き、日常の毎日が緩やかに戻りつつあります。とは言え、仕事も職種によってはまだまだ日常の業務という訳でもなさそうですし、あちこちで働き方改革などという言葉を耳にしますが、あやさんの仕事もいつまで存在するのでしょうか? と思ってしまう今日この頃です。 さて、今回の非常事態宣言、バンコクに来られて間もない方は不安だったのではないでしょうか。20年近く住んでいる私も初..

第135回シロキクラゲ (ヘッ・フーヌー・カーオ)

厚生労働省は、健康のために野菜を1日350g摂取しましょうと推奨しています。なかなか難しいと思う方は、キノコもいれてみてください。キノコを50g食べるのが理想です。タイにもいろいろなキノコがありますので、追々紹介しますが、今月は、先月のキクラゲに続いてシロキクラゲを紹介します。シロキクラゲ入りミネストローネ(2人分)シロキクラゲ(乾燥) … 1/2個 枝豆… 10粒 ..