コラム お金の知識を高めるコラム Vol.32「有事の円買い」?

お金の知識を高めるコラム

Vol.32「有事の円買い」?

海外で暮らしていると、為替レートの動きに敏感になったり、市場関連のニュースに関心が高まったりするのではないでしょうか?「有事の円買い」という言葉を耳にされたことがあると思います。これは世界規模で大きな紛争や事故や災害などが起こると、資金の逃避先として日本円を買う人が増え、円高が進行することを言います。年始に米国がイランの軍事指導者を殺害したというニュースにも、市場は「円買い」で反応しました。日本円は国際情勢に不安が高まると買われる傾向にあり「安全通貨」や「逃避通貨」とも呼ばれます。

 

「有事の円買い」が起こる理由は諸説ありますが、ひとつは「日本は世界最大の債権国」であり対外純資産残高は340兆円もあり、それが急に還流することです。また、日本の政情が相対的に安定しているということも理由として挙げられます。他の理由としては、日本円は低金利なので、日本円を借り入れて、為替市場でその円を売り、金利の高い外貨に替えて投資する、いわゆる「円キャリートレード」があげられます。何か事が起こるとリスクを避けるためにこのポジションを解消しようとする動きが強まります。為替市場で、米ドルと日本円を交換する取引は、流動性も高く、機動的に取引しやすいということも理由としてはあるでしょう。

 

ただ、よくよく考えてみると、有力説のいずれも長期的に日本円を保有する理由にはなりにくいことが分かります。海外の投資家やファンドマネージャーと話していると、短期的に「日本円は買う」行動をとっても、そのあと買った日本円をどうしたらいいのだという話に必ずなります。魅力的な投資はないのか?という疑問にぶち当たるのです。日本円を買ってその資金で日本企業の株や円建ての債券を買うという行動は、もっと本質的な理由がないと取れません。その理由に乏しいのが日本の課題です。世界の投資家は、各国・各通貨の経済成長や特徴・金利差・信頼性といった様々な要因を踏まえて行動をとりますが、やはり長期的な視点が大事になるということです。

※Nippon Wealth Limited(NWB)と類似する会社名「ニッポンウェルス」などを用いる金融業者等にご注意ください。NWBとは一切関係ありませんので、ご了承下さい

お申し込み(詳細は上記ページにてご確認ください)

※「Send」ボタンをクリック後、ボタンのすぐ下にお申し込み完了をお知らせするメッセージが表示されますのでご確認ください。





お名前*
お電話番号*
メールアドレス*
ご希望日満席につき受付締め切りました
第二希望日満席につき受付締め切りました
その他
(全員のご連絡先
お子様人数
投資経験などをご記入ください)


※「Send」ボタンをクリック後、この上にお申し込み完了をお知らせするメッセージが表示されますのでご確認ください。


※ご希望回が満席で、第二希望日のご選択がない場合は、ご希望日(回)のキャンセル待ちでの受付となります。
※キャンセル待ちでお申し込みいただいた方には来月以降開催予定の「NWB×WOM Bangkok お金の勉強会」へ優先的にご案内させて頂きます。
※2営業日を過ぎてもお申し込みご確認のメールが届かない場合には、システム上のお手続きが正しく終了していない可能性がございます。お手数ですが WOMお問い合わせ先 までご連絡くださいますようお願いいたします。

長谷川 建一

国際投資ストラテジスト

シティバンクグループ日本及びニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任後、シティバンク日本のリテール部門やプライベートバンク部門で活躍。 2004 年末に、東京三菱銀行(現三菱UFJ 銀行)に移籍し、リテール部門でマーケティング責任者、2009 年からは国際部門に移りアジアでのウエルスマネージメント事業戦略を率い2010 年には香港で同事業を立ち上げた。その後、2015 年香港でNippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank を創業。2020 年には、Wells Japan Holdingsに参画し、新たな金融サービスの開発に取り組んでいる。世界の投資商品や投資戦略、アジア事情に精通。わかりやすい解説には定評がある。香港をはじめ、日本やアジア各地での講演も多数。京都大学法学部卒・神戸大学経営学修士(MBA)

寄稿中

関連記事...

バックナンバー情報..