コラム お金の知識を高めるコラム Vol.35 危機の時の米ドル需要

お金の知識を高めるコラム

Vol.35 危機の時の米ドル需要

新型コロナウイルスの感染拡大により、世界各国では外出禁止や経済活動の休止といったロックダウン政策を実施しました。これにより生産活動も消費も滞り、景気が鈍化する懸念が強まっています。企業も生き残りのために、休業や生産・雇用調整に一斉に動きました。

経済面ではもう一つ際立った特徴が現れました。それは強烈なまでの米ドル需要です。経済危機に対応して、企業や政府は資金決済や運転資金の確保のために、足元の資金流動性を高めることを急ぎました。特に、国境をまたいで活動をしている企業においては、手元に基軸通貨である米ドルの流動性を確保しようとし、米ドル需要は膨れ上がりました。国際貿易決済のうち、米ドルは40%以上を占めていることからも、やはりハードカレンシーの重要性が伺えます。

主要各国の中央銀行は、3月半ばには市場沈静化に向けた政策をいち早く打ち出しました。米FRBや欧州ECBは金融緩和政策を大規模に行いました。また、米FRBは16カ国の中央銀行と通貨スワップ協定を結び、米ドルの供給網を盤石にしました。これらにより、米ドルへの危機的な需要の顕在化は回避できましたが、4月を通してみても米ドル需要は弱まっていません。米ドルは主要10通貨に対して、2016年以来の高値水準にあります。当面、危機対応からの米ドル需要は続くと見ておいたほうが良いでしょう。

ドル円相場は、110円台から一時105円台までドルが軟化しました。これは、米FRBの金融緩和・合計1.50%にも及ぶ大幅な利下げによりドルの金利が低下して、米ドルと日本円の金利差が殆ど無くなったことが最大の理由です。ただ、米国は巨額の財政政策をすでに発動し、財政赤字が巨額に膨らむことが決まっています。米財務省が調達している資金は過去最高額を記録し、年内は高水準の資金調達が続きます。そうなると現在の金利の水準は相当に低いと言わざるを得ません。今後、経済の正常化に伴って、金利水準が上がる訂正が起こる可能性があります。そうなると、米ドルは日本円に対しても上昇する可能性も高まると見ています。

※なお、Vol.32「有事の円買い」? もWOMのWEBサイトでご参照ください

■ご案内

自分や家族のために、今後必要なお金の備えはどれぐらい? 老後への備え、教育資金、生活資金を賢く増やす、お金に働いてもらう「資産運用」についてもっと詳しく知りたい方は、下記フォームにてお問合せください。

※「Send」ボタンをクリック後、ボタンのすぐ下にお申し込み完了をお知らせするメッセージが表示されますのでご確認ください。





お名前*
お電話番号*
メールアドレス*
ご相談内容概要*
 


※「Send」ボタンをクリック後、この上にお申し込み完了をお知らせするメッセージが表示されます(POP UPではございません)のでご確認ください。


※2営業日を過ぎてもお申し込みご確認のメールが届かない場合には、システム上のお手続きが正しく終了していない可能性がございます。お手数ですが WOMお問い合わせ先 までご連絡くださいますようお願いいたします。

※Nippon Wealth Limited(NWB)と類似する会社名「ニッポンウェルス」などを用いる金融業者等にご注意ください。NWBとは一切関係ありませんので、ご了承下さい

お申し込み(詳細は上記ページにてご確認ください)

※「Send」ボタンをクリック後、ボタンのすぐ下にお申し込み完了をお知らせするメッセージが表示されますのでご確認ください。





お名前*
お電話番号*
メールアドレス*
ご希望日満席につき受付締め切りました
第二希望日満席につき受付締め切りました
その他
(全員のご連絡先
お子様人数
投資経験などをご記入ください)


※「Send」ボタンをクリック後、この上にお申し込み完了をお知らせするメッセージが表示されますのでご確認ください。


※ご希望回が満席で、第二希望日のご選択がない場合は、ご希望日(回)のキャンセル待ちでの受付となります。
※キャンセル待ちでお申し込みいただいた方には来月以降開催予定の「NWB×WOM Bangkok お金の勉強会」へ優先的にご案内させて頂きます。
※2営業日を過ぎてもお申し込みご確認のメールが届かない場合には、システム上のお手続きが正しく終了していない可能性がございます。お手数ですが WOMお問い合わせ先 までご連絡くださいますようお願いいたします。

長谷川 建一

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/ニッポン・ウエルス・リミテッド), CIO(NWBは、香港金融管理局より「Restricted Licence Bank」免許を認可された金融機関です)

京都大学卒、MBA(神戸大学)。 シティバンクグループ日本及びニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任後、シティバンク日本のリテール部門やプライベートバンク部門で活躍。 2004年末、東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に移籍し、リテール部門マーケティング責任者、2009年からは国際部門でアジア・リテール戦略を担い、2010年は香港にてBTMUウエルスマネージメント事業の立ち上げに従事。 2013年にはNWBを創業し、COOに就き、2017年3月よりCIOを務める。

寄稿中

関連記事...

バックナンバー情報..