コラム お金の知識を高めるコラム Vol.33 2020年米国大統領選挙

お金の知識を高めるコラム

Vol.33 2020年米国大統領選挙

 今年はアメリカ合衆国大統領選挙が実施される年です。アメリカは二大政党制であるため、共和党・民主党それぞれの予備選挙で選出された候補者が、大統領候補として本選挙に立候補し、副大統領候補を指名した上で、選挙に臨みます。

 

合衆国憲法は、大統領の任期を最長で2期8年と定めています。現職のトランプ大統領は、1期目なので、今回の選挙に立候補して当選できればもう一期4年間、大統領を務めることができます。トランプ大統領は再選を目指しています。その意思を明らかにしたのは、1期目の就任直後の2017年1月20日でした。

 

前回の大統領選で、共和党は立候補者を指名するまでに、すったもんだがありました。しかし今回は共和党内で主だった立候補予定者が早々と撤退しました。やはりトランプ氏は現職の大統領として実績もあることや、大統領選挙には莫大な資金が必要となること、アメリカ政治史上3例目となった大統領弾劾裁判も乗り切ったトランプ大統領は、共和党の大統領候補指名を確実にしています。大統領選挙をにらんだ激しい与野党の対立も、弾劾裁判は共和党内の結束を固める結果となりました。

 

各党の大統領候補(とペアを組む副大統領候補)者は、一般党員の代理人となる「代議員」が集まる党全国大会で投票によって決められます。そして、その代議員は各党が州単位で実施する予備選または党員集会で決められます。党員集会になるのか、予備選挙になるのかは州・政党によって異なります。予備選は通常の選挙のように、投票所に行って投票し、最多得票の者が勝者となります。ただ、政党に登録した者だけが投票できる方式と、登録していなくても投票できる方式があり、これも州・政党によって異なります。党員集会は、投票で決める方式と、地区単位で議論をしながら、どの立候補予定者を支持するか確定していく方式があります。いずれにしても、複雑でわかりにくい仕組みですね。民主党の立候補予定者は、乱立している状況ですが、3月には党内での立候補者選びがヤマ場を迎えます。夏から秋にかけては、立候補者同士の激しい討論会などを経て、11月3日には投票を迎えます。市場も、大統領選挙の年は、比較的振れが大きい傾向がありますので、しっかりとフォローしていきたいですね。

■ご案内

自分や家族のために、今後必要なお金の備えはどれぐらい? 老後への備え、教育資金、生活資金を賢く増やす、お金に働いてもらう「資産運用」についてもっと詳しく知りたい方は、下記フォームにてお問合せください。

※「Send」ボタンをクリック後、ボタンのすぐ下にお申し込み完了をお知らせするメッセージが表示されますのでご確認ください。





お名前*
お電話番号*
メールアドレス*
ご相談内容概要*
 


※「Send」ボタンをクリック後、この上にお申し込み完了をお知らせするメッセージが表示されます(POP UPではございません)のでご確認ください。


※2営業日を過ぎてもお申し込みご確認のメールが届かない場合には、システム上のお手続きが正しく終了していない可能性がございます。お手数ですが WOMお問い合わせ先 までご連絡くださいますようお願いいたします。

※Nippon Wealth Limited(NWB)と類似する会社名「ニッポンウェルス」などを用いる金融業者等にご注意ください。NWBとは一切関係ありませんので、ご了承下さい

お申し込み(詳細は上記ページにてご確認ください)

※「Send」ボタンをクリック後、ボタンのすぐ下にお申し込み完了をお知らせするメッセージが表示されますのでご確認ください。





お名前*
お電話番号*
メールアドレス*
ご希望日満席につき受付締め切りました
第二希望日満席につき受付締め切りました
その他
(全員のご連絡先
お子様人数
投資経験などをご記入ください)

※「Send」ボタンをクリック後、この上にお申し込み完了をお知らせするメッセージが表示されますのでご確認ください。


※ご希望回が満席で、第二希望日のご選択がない場合は、ご希望日(回)のキャンセル待ちでの受付となります。
※キャンセル待ちでお申し込みいただいた方には来月以降開催予定の「NWB×WOM Bangkok お金の勉強会」へ優先的にご案内させて頂きます。
※2営業日を過ぎてもお申し込みご確認のメールが届かない場合には、システム上のお手続きが正しく終了していない可能性がございます。お手数ですが WOMお問い合わせ先 までご連絡くださいますようお願いいたします。

長谷川 建一

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/ニッポン・ウエルス・リミテッド), CIO(NWBは、香港金融管理局より「Restricted Licence Bank」免許を認可された金融機関です)

京都大学卒、MBA(神戸大学)。 シティバンクグループ日本及びニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任後、シティバンク日本のリテール部門やプライベートバンク部門で活躍。 2004年末、東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に移籍し、リテール部門マーケティング責任者、2009年からは国際部門でアジア・リテール戦略を担い、2010年は香港にてBTMUウエルスマネージメント事業の立ち上げに従事。 2013年にはNWBを創業し、COOに就き、2017年3月よりCIOを務める。

寄稿中

関連記事...

バックナンバー情報..