バックナンバー VOL.168 タイで活躍する日本人サッカー選手2022

Vol.168 CONTENTS

タイで活躍する日本人サッカー選手2022

Jリーグで活躍していた日本人選手が、実は世界のサッカーリーグに数多く移籍しているんです。今回は、WOM Ba..

el'mar

エル・マールマハナコンタワー、リッツカールトンレジデンスなどが並ぶエリアの中にある、駅直結の商業施設、キングパワーマハナコンキューブのG階に、イタリアンやフレンチと共にワインを楽しめるクロスキッチンダイニング“Mahanakhon Eatery 7"がオープン。今回はその中で、新鮮なシーフードとビーフをサーブしている「el'mar」をご紹介します。 こちらは長年、バンコクで..

第23回 Style+

WOMの読者は女性が多いけれど、毎月のアンケートに答えてくれる男性も多いんです! 最近は単身赴任やシングルの若い男性も増えているバンコク駐在員事情。今どきのお洒落な日本人男性に、おすすめ情報をお届けします。タイならではのVIP対応が嬉しい! バンコクで8年目を迎える「スタイルプラス」。スリミング、ボディメイク、ヒップアップなど、目的に合わせて個別にアレンジ、指導してくれ..

第38回[最終回] タイ生活から活かせたこと

せっかくタイに住むのなら、何か“もの"にして帰りたい。2014年、バンコク駐在がスタートした時、そう思いました。 とりあえず生活に困らないくらいまでタイ語を勉強しよう。それからタイ料理を習おう。そう思ってタイ語学校と料理学校に通ったのでした。実際このスキルが本帰国した2018年以降に役に立ったかと問われると、タイ語を使う機会なんてまったくないし、タイ料理は家で作って家族で食べるか、たまに友達..

Vol.56 ロシアがウクライナに侵攻

2月24日、ロシアが突如ウクライナに侵攻しました。プーチン・ロシア大統領は、行動を開始する直前に記者会見を開催し、ウクライナ東部のロシア実効支配地域の独立を承認し、ウクライナ政府軍から親ロシア派住民を守ることを宣言しました。一方的な軍事侵攻の開始は、許されるものではなく、民間人の犠牲者がひとりでも少ないことを祈ります。 EUにも米国にもNATOにも、軍事同盟を締結していない、ウクライナへの表..

Vol.50 ドアはどっち側に開けるか?

あれはパリに出てきて間もないころ。とある在留邦人懇親会でのおしゃべりタイム。「フランスと日本のドアの違いってご存知ですか?」と今でいうイケ爺が話しかけてきました。「フランスでは内開きで、日本では外開きなのです」。内開きなのは、いざという時にバリケードを築いて侵入者を防ぐためであり、日本のようにウェルカムのノー天気では、戦乱のヨーロッパでは生きていけなかったと、諄々とご教訓いただきました。つい..

Vol.122 お肌別スキンケアのポイント

お肌別スキンケアのポイント 普通肌(ノーマルスキン)。お肌の状態はトラブルが少なく良い状態ですので、現在の状態を維持することがポイントです。普通肌用の化粧品でお手入れして下さい。老化の原因である紫外線対策と乾燥対策も取り入れて下さい。 脂性肌(オイリースキン)。最初の洗顔が大切です。やさしく丁寧に洗顔をします。温度の高いお湯やゴシゴシ洗顔は肌を乾燥させ、かえって皮脂量が増えてしまいます。脂性..

第138回 人によって異なる色の見え方 大切な情報が伝わらないことも!?

 人には先天的・後天的に様々な色覚があり、色の見え方は人によって様々で同じではありません。例えば日本人男性の20人に1人(=5%)は、赤と緑の区別がつきにくい、色弱と呼ばれる色覚特性があります。色の見え方の違い赤と緑の区別をする色使いは、20人中19人に合わせているに過ぎません。そういった区別をする必要のない色使いなら、全員が色の識別に不便を感じなくなります。 誰もが..

大切なご家族へ

大切なご家族へ長く長く通ってくださっていた
生徒との別れは毎年つらすぎる、
可愛くて可愛くてしょうがない、
ご両親との連携も取れてる関係は大切な絆!
またいつか会いましょう、
この絵がきっとつなげてくれる
すてきな未来を想像しながら
また会う日まで

第136回 サバイサバイ

 皆さんは「サバイサバイ」というタイ語をご存知ですか? タイに住んでいても、日本人社会の中ばかりに居ると、タイ語を耳にすることが少なくなってしまいますが、そんな中でもこの言葉はよく聞く言葉の一つだと思います。 タイ語と日本語は、表現の違いもあり、使い方によっては誤解を招く事もありますが、まずは相手の気持ちを理解して聞いたり言ったりすれば、気持ち良く通じるのではないかと思います。とは言え、私も..

第154回 リーキ

日本の長ネギを買ったらかたくて美味しくなかったという声を時々耳にします。多分、リーキと間違えて買ったのでしょう。タイでは、ズッキーニだと思ったらタイキュウリだったり、ショウガだと思ったらカー(ナンキョウ)だったり、この手の話はよく聞きます。罠かと思うほどわざわざ並べて売られているのが不思議です。今回は、タイ野菜ではないですが、そんなリーキについて紹介します。リーキとサーモのソテー(1..