コラム バンコクとあやさんと私 第121回 あやさんあるある

バンコクとあやさんと私

第121回 あやさんあるある

あやさんを雇っている人にしか分からない、あやさんあるある!日本人から見ると理解し難いこともありますが、あやさんにとっては常識。それ何で? をご紹介します。

Q. あやさんがあや部屋や休憩室から出てきません。仕事をサボっているのかしら?

A. あやさんは雇用者の家で自分がうろうろするのは良くないと思っています。特に来客がある場合は表に出ません。また、勤務中に昼寝をしたり電話を掛けたりしているとサボっているように見えるかもしれませんが、あくまで「待機」なのです。して欲しい仕事がある場合は、遠慮なく言ってください。

Q. どうして相談もなく勤務時間を変えちゃうの?困っちゃう...。

A. 確かに相談してほしいですよね。雇用者に言っても理解してもらえないと思っているかもしれません。空き時間があれば少しでも他の仕事をしてお金を稼ぎたいのです。普段からコミュニケーションを大切にして、まず相談してもらうようにしましょう。

Q. 仕事中に携帯電話で話しています。どうにかして!

A. タイ人は携帯が好きですね。最近はラインなども普及しているので仕事中の携帯も気軽に出来るように思います。緊急事態もあるので携帯を一切禁止することはお勧めしませんが、長時間触っているようであれば、あや部屋に置いて作業をしてもらうなり指示を出すことをお勧めします。

Q. 毎月のようにお金の前借りがあります。

A. 彼女達は余裕のある生活をしていないので、許せる範囲で力になってあげることが信頼関係にも繋がりますが、貸したお金が返ってこないこともあるので、それを頭の片隅に置いた上で貸しましょう。

その他にも、どうしたら良いの? と思うことは多々あると思います。雇用主と雇用される側にの違いや、文化の違いを念頭に置いてあやさんと上手く付き合いましょう。

チンチョ・プロフィール

在タイ10年以上の主婦。ひょんなことからあやさんと日本人奥様の仲介をすることに。バンコク滞在経験を生かして双方の相談に乗ったり、多くのトラブルに対応。そしてまさかの高齢出産。あやさんに助けられながら家事に育児にボランティアに奮闘中。

関連記事...

バックナンバー情報..