コラム バンコクとあやさんと私 第111回 あやさんは知っている

バンコクとあやさんと私

第111回 あやさんは知っている

今年も残り少なくなってきましたが、皆様どんな1年を送られましたか? あやさんとの関係も良好でしたか?

 

最近のあやさんは、高齢化しているだけあって経験豊富な人ばかりです。様々なお宅を経験し、様々な待遇対応を経験してきました。その経験の分だけ、人を見る目も養われています。彼女たちは雇用者の態度を見て、自分の必要性や信頼性を感じています。面接においても、雇用条件や環境などを判断材料にしつつ、相手の“人間性"をかなり敏感に感じ取っているように見えます。私は過去数百件の面接に立ち会ってきましたが、あやさんがたまに「?」と思うような返答をすることがあります。そんな時、面接の後にどうしてそんな答えをしたのか聞くと、「この雇用者とはうまくやっていける気がしないので、わざとああ言いました」などという答えが返ってきます。面接で雇用者を試していたのですね、よほど思うことがあったのでしょう。確かにそのようなケースで採用が決まった例はありません。

 

あやさん達は、自分の職場が決まれば永く勤めたいと思っている人が殆どです。あやさんをすぐに替えるお宅には勤めたくないのです。とは言え、タイミングよく仕事がある訳でもないので慎重になっています。

 

雇用者側も、条件に合うあやさんは簡単にはみつかりませんから、ご縁を大切にしてくださいね。

チンチョ・プロフィール

在タイ10年以上の主婦。ひょんなことからあやさんと日本人奥様の仲介をすることに。バンコク滞在経験を生かして双方の相談に乗ったり、多くのトラブルに対応。そしてまさかの高齢出産。あやさんに助けられながら家事に育児にボランティアに奮闘中。

関連記事...

バックナンバー情報..