コラム バンコクとあやさんと私 第93回 あやさんをシェアする

バンコクとあやさんと私

第93回 あやさんをシェアする

 あやさんを他の家の方とシェアしている皆さん、ご自分のあやさんがどちらのお宅で働いているのか? その雇用主は誰なのかをご存知ですか?

 ただ知っている、という程度であれば問題ないかもしれませんが、お友達や会社の方とシェアをしている方もいらっしゃると思います。何をする場合もそうですが、シェアをする際、都合の良いこともありますが、悪いこともあると思います。

 

バンコクとあやさんと私

 一番気をつけて頂きたいのが、あやさんは雇用者の行動を結構知っているということです。

 行動だけでなく、人間関係や本人の癖までわかっているあやさんもいます。自分や家族のことを他人に知られているということは、それが友達や会社の人など、外部にバレている可能性もあるということです。「外には漏らさないように」と言っても、人の口に戸は建てられませんから、当然漏れることはあります。雇用者はその覚悟であやさんを雇わなければなりません。過去のケースだと、雇用主の家庭の財政事情を勘ぐって噂にしたり、奥さんのスケジュールや交友関係を暴露したり、それが元で友達関係にヒビが入る可能性もあります。もちろん、噂好きなあやさんばかりではありませんが、気を付けてくださいね。

 

 また、待遇に関しても、シェアしている家庭と合わせなければ、あやさんは不満を抱きます。相性や雇用条件など、違いはあるかもしれませんが、一方がとてもよくしてくれる奥さん(プレゼントやおこづかいをくれたり)の場合、バランスが崩れない様に気を付けなければなりません。

 

 これらのことを踏まえてあやさんとの関係を築き、避けられるトラブルはなるべく回避しましょう。

チンチョ・プロフィール

在タイ10年以上の主婦。ひょんなことからあやさんと日本人奥様の仲介をすることに。バンコク滞在経験を生かして双方の相談に乗ったり、多くのトラブルに対応。そしてまさかの高齢出産。あやさんに助けられながら家事に育児にボランティアに奮闘中。

関連記事...

バックナンバー情報..