コラム お金の知識を高めるコラム Vol.64 暗号通貨市場に再び激震~FTX社の経営危機

お金の知識を高めるコラム

Vol.64 暗号通貨市場に再び激震~FTX社の経営危機

暗号通貨市場で再び激震が走りました。交換業者大手であるFTX社が流動性危機に陥っていることが明らかになったのです。同社のバンクマンフリードCEOは11月9日、追加資金の投入がなければ、破産法の適用を申請せざるを得なくなると語りました。最大で80億ドルもの資金が不足しているとのことです。

FTX社の米国外の事業買収には、競合である交換業者バイナンス社が名乗りを上げました。しかし、一旦、趣意書は署名したもののFTX社の内容を確認すると、支援するには負担が大きすぎて、バイナンス社の能力を超える問題だとして、買収する方針を撤回しました。これは財務内容が想定以上に悪化していることを意味するでしょう。

これに加えて、米国規制当局がFTX社の事業に関して調査を進めていると報道され、混乱は更に増幅しました。FTX社が顧客の資産を適切に扱っていたかや、創業者のバンクマンフリード氏が行っている別の事業と同社の関係が証券取引委員会(SEC)や商品先物取引委員会(CFTC)の調査の対象になっていると報じられました。どうやら、顧客から預かった資産を他に流用したのではないかとの疑いや、暗号資産を貸し出す事業が適切に運営されていなかったことを問題視しているようです。これが事実であれば、顧客資産の保護や分別管理の観点からは極めて不適切なことです。

暗号通貨の交換業者の中でも、FTX社は優等生とみなされ、同社の価値は2022年初めには325億ドル(約4.7兆円)と高く評価されていました。最近の資金調達では、名前の知られたファンド会社や金融業界の著名企業、セレブリティ投資家などからも資金を得ていたほどです。しかし、このままでは投じられた資金の大部分は回収が不可能になるでしょう。

暗号通貨は、今年、世界的に金利が上昇する中で、リスク回避の動きから大きく価格下落しました。今回のFTX社の経営危機により、11月10日現在、ビットコイン(BTC)は16,160ドル、イーサ(ETH)は1,130まで下げました。BTCは年初来で61%、ETHは64%下げています。

高い評価を受けていた交換業者にも今回のようなスキャンダラスな出来事が起こったことは、暗号通貨への不安を増幅します。長期的には成長を続けると考えていますが、まだまだ未整備の市場である暗号通貨市場へのダメージは小さくないでしょう。

海外在住日本人のための「お金の勉強会」セミナー お申し込み(詳細は上記ページにてご確認ください)

※「Send」ボタンをクリック後、ボタンのすぐ下にお申し込み完了をお知らせするメッセージが表示されますのでご確認ください。





お名前*
お電話番号*
メールアドレス*
ご希望日  3月11日(土) 10:00- 3月11日(土) 14:00
その他
(参加人数
参加者連絡先
お子様人数
投資経験などをご記入ください)


※「Send」ボタンをクリック後、この上にお申し込み完了をお知らせするメッセージが表示されますのでご確認ください。


※2営業日を過ぎてもお申し込みご確認のメールが届かない場合には、システム上のお手続きが正しく終了していない可能性がございます。お手数ですが WOMお問い合わせ先 までご連絡くださいますようお願いいたします。

長谷川 建一

国際投資ストラテジスト

シティバンクグループ日本及びニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任後、シティバンク日本のリテール部門やプライベートバンク部門で活躍。 2004 年末に、東京三菱銀行(現三菱UFJ 銀行)に移籍し、リテール部門でマーケティング責任者、2009 年からは国際部門に移りアジアでのウエルスマネージメント事業戦略を率い2010 年には香港で同事業を立ち上げた。その後、2015 年香港でNippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank を創業。2020 年には、Wells Japan Holdingsに参画し、新たな金融サービスの開発に取り組んでいる。世界の投資商品や投資戦略、アジア事情に精通。わかりやすい解説には定評がある。香港をはじめ、日本やアジア各地での講演も多数。京都大学法学部卒・神戸大学経営学修士(MBA)

著書
ブログ: HASEKEN
寄稿中

関連記事...

バックナンバー情報..