特集記事 ようこそシックスセンシズへ – 前編

Six Senses Duxton

ようこそシックスセンシズへ – 前編

タイを本拠地に世界展開するシックスセンシズホテル・リゾート・スパ。WOMでは創刊当時からタイ国内外の同リゾートを取材してきましたが、ここ数年で、7カ所のリゾートと2カ所のスパ施設をオープンさせるというスピード感ある事業拡張を果たしています。今回は、昨年シンガポールにオープンした2軒をフィーチャー。いずれもチャイナタウンの歴史的建造物を引き継いで使用しており、アクティビティや食事など〝経験〞にフォーカスしています。寝るのが目的でなく、滞在することに意義があるシックスセンシズ、その進化を追います。

Six Senses Duxton へようこそ

シックスセンシズ初の都市型ホテルは、シンガポール・チャイナタウンの一角にある歴史的建築遺産を改装したもの。シックスセンシズが掲げるサスティナブル、地域共生、といった理念が認められ、シンガポール政府から使用認可が下りました。デザインを手掛けたのはイギリス人の有名なデザイナー、アヌーシュカ・ヘンペル女史。地域環境の持続(サスティナブル)をテーマに、歴史を未来に繋いでいくような仕掛けになっています。エキゾチックなブティックホテルとして、街の風景に溶け込み、早くも地域住人のお気に入りスポットに。また、ホテルが運営する1階のチャイニーズレストランは予約必須の人気ぶり。それでは、さっそくご紹介していきましょう。

場所はチャイナタウンの中でもお洒落な、タンジョンパガーと呼ばれる地区。西洋・マレー・中華折衷の街並みで、人気レストランやバーが軒を連ねるナイトタウンでもあります

入り口の扉を開けると、タイムスリップしたかのような錯覚を覚える異空間に突入。シンガポール華僑の豪邸を思わせるゴージャスなインテリアに包まれてチェックイン。ゲスト一人一人、巨大なシンギングボウルの中に立って、邪気払いのようなセレモニーを行います

この界隈で、いま最も話題のレストラン 「Yellow Pot」

シンガポールは東南アジアで初めてミシュランガイドを取り入れた国とあって、飲食店のレベルが総じて高く、美味しくなければ続きません。中でもお洒落な店や美味しい店が多いタンジョンパガー地区で、開業早々連日満席となっている「Yellow Pot」。伝統的な中華料理にモダンさを加えた、洗練された中華をサーブしています。

オーガニックプチトマトをLi-Hingプラム粉で漬けた前菜が人気

1. 牧草飼育(グラスフェッド)テンダーロインビーフのガーリック炒め

2. 旬のタイガープラウンとさやえんどうのXO醤炒め

3. 契約農家で栽培されたオーガニックほうれん草の魚醤炒め ※いずれもポーションが多めです

シティホテルには、レベルの高いバーが必須

バー「Adjacent」はチャイニーズレストラン「Yellow Pot」のすぐ隣にあり、待ち時間をここで過ごすゲストの姿も。インテリアは「アンティーク」がテーマとなっており、古き良きアメリカの黄金時代(50年代)を思わせるゴージャスな雰囲気。シグネチャーカクテルの「Escape to Kaifeng」は、中国・河南省の古都、開封市産の菊花を加えたタンカレー(ジン)。黄色い小さな菊花はウェルカムドリンクにも使用されていますが、煮だしてお茶として飲んでもOK。疲労回復、眼精疲労といった漢方薬的効果があります。

「Eat with Six Senses」のこと

シックスセンシズグループでは各リゾート、ホテルにおいて、ゲストの心身改善を食の観点からアプローチする取り組みを行っています。新鮮で栄養価値の高い食品を提供し、食材の入手先も厳選。天然食材にもこだわっています。レストランはMSG不使用。バーではオーガニックの自家製ドライフルーツを使用していました

歴史的建造物に泊まろう!
マレー・チャイナ・コロニアルを散りばめたデザインが素敵

ゲストルームは全部で49室。もともと商業施設だった建物を改装しており、壁や柱、階段などを再利用することがベースになっているので、部屋も概ね当時のフロアプランにはめ込んでいます。その為、広さは20㎡~50㎡の部屋の大きさですが、シンガポールのシティーホテルの一般的な広さと言えます。シックスセンシズグループのビラのお部屋から比べると小ぶりなお部屋はお値段もお手頃です。今回は、デザインの異なる5タイプのスイートルームから、人気の2タイプをご紹介します。

テーマカラーは黒と金。長いソファーとテーブルが印象的なリビング

Duxton Duplex Suite

広さ41㎡。部屋の中に螺旋階段のあるメゾネットタイプです。マンダリン調のシックなインテリアで、2階が寝室とバスルームになっています。テレビは衛星放送で各国の主要チャンネルを見る事が出来、無料Wi-Fiも使用可能となっています。

1. スタイリッシュな寝室

2. 美味しいプーアール茶もコンプリメンタリー

3. 朝と夜に飲むべきハーブドリンクが冷蔵庫に!

4. ターンダウンアメニティ(到着時)はエコバッグと知恵の輪、タイガーバーム(1860年、建物が出来たときに、タイガーバームの工場が近くにあったそう)に胃薬、と楽しい内容

寝室に置かれた2つのタンスは白い蝶貝のモザイクタイル貼り

Pearl Suite

広さ36㎡。最も人気の高いパールスイートは、真っ白な内装とコロニアル様式を意識したインテリアとなっており、ホテルのシグネチャールーム的存在としてメディアにもよく取り上げられています。

5. ゆったりとしたリビング

6. バスローブはしっかり目のタオル地

7. すべての部屋にシンギングボウルを備えています

8. ベッドサイドの黒電話は飾りでなく本物

都市型ホテルにもアクティビティはあります。
滞在しながらシンガポールをもっと知ろう

シックスセンシズグループは、どのディスティネーションでも「Six Senses Experiences」と題して、ユニークなアクティビティを取り揃えています。ここシンガポールでも、シティ型ホテルならではの体験型アクティビティを実施しているので早速参加してみました。

アウトドアヨガ&シンギングボウルセッション

シックスセンシズダクストンの裏手にある小さな公園。大きな木の下で朝、ヨガとシンギングボウルのセッションを行います。シンガポール人は健康に対する意識が高く、朝からジョギングやサイクリング、体操などをしている人が沢山います。地元の人になった気分でアウトドアヨガを楽しんで!

中医学ドクターによるコンサルテーション

中医学ドクターによるコンサルテーション。まず6ヶ所の脈で内臓機能を測ります。よく眠れているか、食欲は? と問診しながら、簡単に押せるツボや、体質に合うお茶などを教えてくれます。

中国茶デモンストレーション

ローカルコミュニティーと結びつきを大切にするコンセプトの中、ホテルと提携しているお茶の店でお茶の種類や中国茶の楽しみ方を習うアクティビティ。お茶の歴史や経済的背景、シンガポールの文化なども教えてくれるご主人は元銀行員。退職後、健康に良い中国茶を広めるべく、今のお店を始めたそう。

急須はサーブする人数分のサイズのものを選んでいれるのだとか

Six Senses Duxton

Six Senses Duxton

83 Duxton Road, Singapore, 089540, Singapore
TEL: +65 6914 1428

 

チャンギ国際空港からタクシーで20分
主要地へは地下鉄でアクセスが可能です

Six Senses Maxwell へようこそ

シックスセンシズダクストンと同じ地区に2軒目のシックスセンシズがあります。こちらもダクストンと同じく政府認定の歴史的建築遺産となっており、施設を修復し保全し続けることを前提に、200年の時を超え、シックスセンシズマクッスウェルとして生まれ変わりました。デザインはパリ・サントノーレにある「ホテルコスト」を始め、多数のホテルを手掛けてきたフランス人デザイナー、ジャック・ガルシア氏によるもの。ゲストルームは138室。シックスセンシズスパポット(2019年5月オープン予定)も併設しています。

1. 伝統的なホテルのレセプションデザイン

2. 植民地時代に近隣諸国と交わされていた手紙のコレクションが随所に展示されています

3. まるで豪華客船のように長い廊下

4. 1階のカフェ&バー「COOK & TRAS SOCIAL LIBRARY」には近隣で働くビジネスマンの姿も。終日、軽食とドリンクをサーブしています。また、宿泊客には本の貸し出しサービスを行っています

タイムレスな欧風クラシカルデザイン

デザイナー、ジャック・ガルシア氏が得意とするヨーロピアンスタイルのクラシカルデザインがホテルのコンセプトとマッチ。全ての部屋がまるでお城のゲストルームのような豪華なインテリアデザインとなっています。広さは25㎡から45㎡とコンパクトですが、閉塞感はなく、非常に寝心地の良いベッドが配されています。ピーコック(孔雀)をモチーフにした部屋と、えんじ色に近い赤をテーマにした部屋があり、リサイクルウッドを使用した床の上には、ヨーロッパの老舗メーカーに発注したハンドメイドのカーペットが敷かれています。

赤をテーマカラーにした部屋も基本的なファシリティは同じ。こちらは広めのデラックスタイプ

憧れの猫足バスタブがある部屋も。また、全てのシャワールームがレインシャワー付きとなっています

5. 壁の扉を開くと、全面ガラス張りの眩しいほど輝くミニバーが登場。レモン、オレンジ、ライムなども置かれ、切れ味の良いナイフが添えられています

6. シックスセンシズでは、眠りへのこだわりを強化中。寝心地の良い高級マット、オーガニックコットンのベッドリネンを装備し、オーガニック羽枕などのピローリクエストも可能。また、よく眠れるようにボール型のマッサージ器や知恵の輪、本などが枕元に置かれています

7. シャワーやバスタブのタップにLefroy Brooks社の1900Classicシリーズを使用しているのもホテル好きには嬉しい

アイスクリームFREE! ※13:00~17:00 全てのシックスセンシズグループで実施しているサービス。ご当地フレーバーを楽しむことができます

マックスウェルには空中庭園があり、スイミングプール、ハーブガーデン、バーなどがあります。シックスセンシズダクストンとマックスウェルは徒歩5分の距離にあり、どちらに滞在しても両方の施設を利用することができます

MURRAY TERRACE BRASSERIEで食を楽しむ

シックスセンシズマックスウェルは2つの商業施設が結合した造りになっています。その一つの施設はかつてMURRAY TERRACEと呼ばれていました。そこには美味しいレストランが幾つもあって賑わっていたのだとか。当時への思いを馳せて「MURRAY TERRACE BRASSERIE」と名付けられたこのレストランでは、現在、ヨーロピアン地中海料理をサーブしています。高級感と華やかさを兼ね備えたクラシックな内装は、時間を掛けてゆっくり食事をしたくなる雰囲気。イートウイズシックスセンシズの「食」に対するポリシーから、食品の安全性、仕入れルート、栄養価、調理法などにもこだわっています。

ディナー 1. ホームメイドブレッド

2. ミニトマトとスイカのサラダ。シャーベット、ブッラータチーズ、メロン添え

3. オーストラリア産牧草飼育牛のリブアイステーキ

4. レモンとこぶミカンのタルト。以上、日替わりディナーコースより

5. 窓際の席はまるでオリエント急行の食堂車のような佇まい

朝食 6. 日替わりのフレッシュジュース

7. MTBブレックファースト(ファームエッグ・ラム&ミントソーセージ・サワードー・ベーコン・自家製ベイクドビーンズ)

8. SHAKSUKA(ファームエッグ・トマトカイエンペッパーシチュー・根菜・ザジキ)

ホテルから徒歩1分!
マックスウェルフードセンター(フードコート)に行ってみよう

ミシュランガイドに掲載されたハイナンチキンライスの店を始め、ラクサなどローカルフードが楽しめるホーカー(フードコート)。物価が高いことで知られるシンガポールですが、ここでは一食300円以内で美味しいものを食べることができます

Six Senses Maxwell

 

2 Cook Street, Singapore, 078857, Singapore
TEL: +65 6914 1400

by WOM 編集部

関連記事...

バックナンバー情報..