コラム バンコクとあやさんと私 第113回 イサーン(東北)地方

バンコクとあやさんと私

第113回 イサーン(東北)地方

タイ人のあやさんの多くはイサーン地方(東北)の人達です。バンコクに住んでいるとイサーンと言ってもピンとこないと思いますし、想像も出来ないかもしれません。あや業をしている殆どの人は裕福とは言えない暮らしです。そのため、自分達の子どもは田舎で親や兄弟が育て、自身は出稼ぎに来ています。

私があやさんから聞いたイサーンの事柄を幾つかご紹介します。

 

田舎にはまだまだ、舗装されていない道路や街燈がない所があります。そのため事故も多く、無免許運転や無茶な運転も多いようです。
農家をしていると遅くまで仕事が追い付かず、子どもを自宅においたまま結局帰れなかったという話も珍しくありません。
一日仕事をしても余裕のある生活はできず、子どもの面倒をしっかりみることが出来ない家族も多いです。若年結婚や若年妊娠も多いそうです。
病気をしても病院が遠かったり、医者が足りなかったりして、お金のない人は後回しにされる状況です。
結婚式やお葬式に何日もかけるなど、昔ながらの風習を大切にしています。

 

バンコクのど真ん中に住んでいると本当に知らないことばかりですが、あやさんが仕事を休んで田舎に帰る理由はいろいろあります。雇用主の方は、あやさんの田舎や実家の状況も考慮してあげると良いかもしれません。

チンチョ・プロフィール

在タイ10年以上の主婦。ひょんなことからあやさんと日本人奥様の仲介をすることに。バンコク滞在経験を生かして双方の相談に乗ったり、多くのトラブルに対応。そしてまさかの高齢出産。あやさんに助けられながら家事に育児にボランティアに奮闘中。

関連記事...

バックナンバー情報..