コラム バンコクとあやさんと私 第104回 あやさんの出身地

バンコクとあやさんと私

第104回 あやさんの出身地

 あやさんの出身はどちらですか?最近、タイ人のあやさんが少なくなってきました。バンコクには仕事が選べるほど沢山あるので転職したり、もしくは田舎の方が住みやすいから、と帰る人も増えたようです。

バンコクとあやさんと私

 また、バンコクには多国籍の労働者が増え、あやさんも良い仕事を取りにくくなっている面もあるようです。実際、英語が出来るあやさんを探している日本人はミャンマー人やフィリピン人を雇用しています。あやさんが住んでいるアパートにもベトナム、ミャンマー、ラオス、フィリピンの人が増えたと聞いています。

 

 10年以上前は、イサーン(東北)出身のタイ人がほとんどでしたが、状況は変わってきているようです。昔の雇用者は、家族であやさんの田舎に遊びに行ったりもしていましたが、そのような話もなかなか聞かなくなりました。何処の人を雇うのも自由ですが、タイに住んでいて他国の人を雇うというのもなんだか寂しい気がします。

 

 随分英語が飛び交うようになった街なかですが、タイのことを理解する日本人、タイ語を話す日本人が少なくなっていることに寂しさを感じます。

 

 永く住んでいるとつい昔を懐かしんでしまい、それはそれでどうかと思いますが、時代に取り残されないように、かつ流されずに残りのバンコク生活を楽しんでいきたいと思う今日この頃です。皆さんも是非、タイのことを知るならタイ人のあやさんを雇ってみてください。

チンチョ・プロフィール

在タイ10年以上の主婦。ひょんなことからあやさんと日本人奥様の仲介をすることに。バンコク滞在経験を生かして双方の相談に乗ったり、多くのトラブルに対応。そしてまさかの高齢出産。あやさんに助けられながら家事に育児にボランティアに奮闘中。

関連記事...

バックナンバー情報..