特集記事 美容クリニックでしたいこと

美容クリニックでしたいこと

美容クリニックでしたいこと

美容大国タイランド、街じゅうに美容クリニックが建ち並び、タイ人女性は当たり前のように美容医療施術を受けています。タイの美容クリニックは料金が安く、医師の腕も良いと言われており、特に美容整形は、日本を始め海外からも多くの利用者が訪れています。在タイ中に通いたい美容クリニック! シミ取り、リフトアップ、プチ整形…。今回は日本人に人気の施術をご紹介します。

美容クリニックでしたいこと

美容クリニックでしたいこと その1

シミ取り

タイの紫外線は日本の3倍以上! ビーチリゾートやゴルフ場でさらに多くの紫外線を浴びる機会もあります。若い頃は大して気にならなかったシミ、それは肌のターンオーバーで28日ごとにきちんと表皮が入れ替わっていたから。30代を過ぎると代謝が落ち、シミの原因であるメラニン色素がなかなか排出されなくなり、そのまま残っていってしまう… でも大丈夫! 美容クリニックに相談すればきっと解決策があるはず。よく耳にする「シミ取りレーザー」ってどういうもの? どうやるの? まずはシミの種類から見て行きましょう。

シミの種類

老人性色素班(日光黒子)

境界が明瞭な薄茶色~茶色の円型のシミ。一般的なシミは大抵こちら。紫外線によるメラミン色素の沈着が原因の為、顔や手の甲、腕などにできやすく、老人性色素斑、日光性色素斑、とも呼ばれています。加齢とともにできやすくなります。

肝斑(かんぱん)

30代以降の女性にできやすい、頬の左右対称にできる薄茶色のシミ。主な原因は女性ホルモンの乱れといわれています。妊娠中やピルの使用により、ホルモンバランスに変化があったときに発生することもあり、更年期になると消えるケースが多い。

そばかす(雀卵斑)

1~4mmほどの小さな褐色斑が多発したもの。鼻の根元を中心に左右対称に広がるのが特徴、背中などに現れる場合もあります。先天性遺伝のものが多いですが、紫外線や洗顔による刺激、炎症、加齢などが原因の場合もあります。

ホクロ

メラニン色素を含む細胞(メラノサイト)が、皮膚の一部に周囲より高い密度で集まってできた母班の一種。黒く見えるのが一般的ですが、皮膚の深い部分でメラノサイトが増殖した場合、青く見えることもある(青色母斑)。黒く隆起したもの、肌色で隆起したもの、毛が生えているもの、など色々な種類があります。

太田母斑(青あざ)

目のまわりを中心に、頬(ほお)、額(ひたい)、鼻に生じる褐青色から灰青色調の母斑(ぼはん)、あざ。通常は顔の片側にできますが、両側に生じる場合もあります。また、先天性のものと小児期や思春期に発生する場合とがあります。

 

美容医療的シミ解消方法

ハッキリと見えるシミ、ほくろに

1. レーザー

Qスイッチレーザー

シミ取りレーザーと言えばこれ。Qスイッチというメカニズムを取り入れたレーザーの総評で、ヤグレーザー(メドライトC6など)を取り入れているクリニックが多いです。シミ、そばかす、あざ、入れ墨なども消すことが出来る医療レーザーで、安全性も高いとされています。レーザーによるシミ取りは、メラニン色素を焼き切るイメージ。レーザーが黒や茶色の色素がある部位にのみ反応し、照射すると患部は焼けてかさぶたになります(施術の痛みは少ないですが、医師の判断により麻酔薬を塗布します)。患部に創傷保護テープを貼り、1週間ほどでかさぶたが剥がれ、シミは徐々に色が薄くなって数か月で綺麗に消えます。1度で取りきれないケースが多いので、数回通います。また、一過性の色素沈着が起こることもありますが、慌てずに医師に相談しましょう。シミが完全に消えるまで、紫外線対策やスキンケアをしっかりすることが重要です。

CO2(炭酸ガス)レーザー

波長10,600nmの遠赤外線で、細胞内の水と反応して熱エネルギーが発生し蒸発することにより、患部を浅く削ること、深く掘ること、切開することができます。電気メスや金属メスよりも出血が少なく創傷治癒が早い為、いぼやホクロの治療によく使用されています。

 

美容クリニックでしたいこと美容クリニックでしたいこと美容クリニックでしたいこと

レーザー施術でホクロが消えていく過程
提供: A-risaCinic

肝斑や薄いシミに効く!

2. レーザートーニング

Dual Yellow (カッパーブロマイドレーザー)

肝斑を濃くしているのは毛細血管の拡張が原因という説があります。トランサミン(止血剤)が肝斑に効くという点からも、血管との関わりが推測されていました。デュアルイエローはオーストラリアのノルセリド社が開発した血管及び色素性病変に対応するレーザーで、赤血球の赤色に最もよく反応する578nmの波長を持っており、これによりメラノサイトに近接する血管を閉塞させ、メラノサイトの働きを弱めて肝斑を薄くするという原理です。また、同レーザーは511nmの波長も持っており、薄いシミに対して高い効果を発揮します。

スペクトラVRMⅢ (QスイッチYAGレーザー)

メラノサイトを刺激するレーザー治療が禁忌とされていた肝斑ですが、非常に弱いパワーで、シャワーを浴びるようにレーザーを照射することができれば、肝斑にも効果的だという理論に基づいて広まっている治療法です。治療の度に蓄積したメラニンの量が減り、肝斑が薄くなっていきます。

※いずれも顔全体に照射すれば美肌効果があり、 ダウンタイムもありません

3. 光治療

(IPL・フォトフェイシャル)
美肌、脱毛などにもよく使用されている器械ですが、医療クリニックで導入されている器械の中には、波長を変えて様々な治療(シミ、そばかす、血管の拡張、赤ら顔など)ができるものもあります(I2PLなど)。

4. その他の治療

(ピーリング、シミ取り注射、飲み薬、塗り薬)
表面の薄いくすみはケミカルピーリングで解消できる場合があります。また、肝斑に効くトラネキサム酸や、美白のためのビタミンCを内服したり、ハイドロキノンやトレチノイン含有のクリームの塗布も一般的に広まりました。一部のクリニックでは、美白成分をシミに直接注入したり、イオン導入する治療も行っています。

A-risa Clinic

スクムビット・ソイ26 
電話: 02-258-6736 

日本語で診察可能なタイ人医師夫婦が経営するエーリサクリニック。シミ取りレーザーや、まぶたのたるみ取り、二重施術などが人気で、料金も良心的と好評

Yarita Clinic

アソーク・タイムズスクエア3階
電話: 088-012-3410 (日本語)

優しい女医さんが経営するクリニック。美容機器を使ったフェイシャルコース「シグネチャーレジュビネーション」は、1回で効果を実感できると好評。またボトックスは3,000バーツからと手頃

美容クリニックでしたいこと
美容クリニックでしたいこと

美容クリニックでしたいこと その2

フェイスリフトアップ

加齢と共に気になってくるフェイスラインの緩み。下を向くと頬がたるむ、ほうれい線が目立ってきた、目尻が下がった、首の皮膚がたるんでシワっぽい… 特に30代後半から気になり始める方が多いそう。フェイスリフトアップには、メスを入れるもの、糸(スレッド)や注射を使うもの、レーザー施術などがあります。美容クリニックで気軽に挑戦できるレーザー施術をご紹介します。

1. ハイフー

(HIFU)
肌の土台とも言われる筋膜(SMAS筋膜)の緩みにアプローチする施術。筋膜を熱で収縮させ、創傷効果でコラーゲンが生成され、結果、たるみを引き上げます。HIFU(高密度焦点式超音波治療法)の技術を使った美容機器は様々なメーカーから出ていますが、栗肉で使用している医療用のものは出力が高く、1回の施術で終わることがほとんどです。悩みの多いエリアに重ね打ちしてくれる医師も多く、より高いリフトアップ効果を叶えてくれます。また、熱を与える深さを調整することができるので、目尻や首など、筋膜までの距離が浅い部分にも照射可能です。

2. ウルセラ

米国Thermage社が開発した高周波(RF)レーザー。真皮層、脂肪層に影響を与え、コラーゲン生成を促しフェイスラインをスッキリさせます。昔、日本では「芸能人がやっている」と噂で、当時は1回100万円と言われていた施術ですが、現在はお手頃価格に。痛みもぐっと減りました。ボディタイトニングにも有効なので、おなかや太ももにもお勧め。

3. サーメージ

(サーマクール)
米国Thermage社が開発した高周波(RF)レーザー。真皮層、脂肪層に影響を与え、コラーゲン生成を促しフェイスラインをスッキリさせます。昔、日本では「芸能人がやっている」と噂で、当時は1回100万円と言われていた施術ですが、現在はお手頃価格に。痛みもぐっと減りました。ボディタイトニングにも有効なので、おなかや太ももにもお勧め。

Piyawat Clinic

トンロー・ソイ23
電話: 065-504-5540 (日本語)

タイのテレビ番組に引っ張りだこ! ピヤワット先生が経営するクリニックでは、常に最前線の美容情報を取り入れ、質の高い施術を提供しています。

美容クリニックでしたいこと
美容クリニックでしたいこと

PINKLAO Clinic

チットロム・アマリンプラザ3階 
電話: 09-4616-6953 (日本語) 

バンコク駐在奥様御用達クリニックのパイオニア的存在。昔から、日本語が話せるパイサーン先生のクリニックとして有名です。脱毛やシミ取りの他、若返りレーザーとして人気のジェントルヤグが格安で受けられると好評。

美容クリニックでしたいこと その3

プチ整形

プチ整形は、施術後の腫れや内出血などが少なく、日常生活にほとんど影響のない施術のことです。内緒で、ほんの少しだけ自分のイメージを変えてみたいという方に最適。代表的なのは、ヒアルロン酸(ほうれい線・目の下のクマを改善・頬骨に高さを付けて小顔)、ボトックス(シワ・たるみ改善・小顔)などメスを使わない施術があげられます。

ヒアルロン酸

例えば、凹みで影のようなクマが出来ているタイプは、ヒアルロン酸を注入するだけでかなり改善が見られます。目の下の皮膚はとても薄いので、症状に合わせてヒアルロン酸の種類を見極めます。ヒアルロン酸治療は、無くなっている部位を充填する治療で、ほうれい線などの凹み部分への治療もとても有効です。

ヒアルロン酸で目の下の治療症例

ボトックス

ボトックスは表情ジワの改善に有効なことは良く知られていますが、小顔、リフトアップ、ふくらはぎの痩身などができるものもあります。よく、「ボトックスを打つと表情がなくなる」という話を聞きますが、上手な医師のもとで施術をすればそんなことはありません。適切な打ち方を守れば一生付き合っていける施術だといえます。手軽に挑戦できる人気プチ整形のひとつですが、大きな変化を望む方には不向きですし、出来ることには限界があります。プチ整形は、全般的に時間がたてば元に戻ってしまうので、定期的にメンテナンスが必要です。

脂肪注入

プチ整形と整形の境界線にあると思われる治療の一つに脂肪注入があります。目の下の他に、ほうれい線・頬コケ・コメカミの凹み・額のシワや張りのなさ、悩みが多い方にはコスト的にもこちらがおススメ。生定着した脂肪は半永久的に残ります。

脂肪注入例

整形

二重になりたい、目の下の脂肪が飛び出ている、下まぶたの皮膚にたるみがある、目の上瞼が老化で垂れて目が小さくなってしまった、鼻を高くしたい、胸が小さい、といった悩みは美容整形で解決することが出来ます。また、痩身分野でも、脂肪吸引という外科的手段があります。「美容整形は痛い」「ダウンタイムが長い」というイメージがありますが、最近では痛みもダウンタイムも極力減らす工夫がされています!

ダウンタイムの少ない脂肪吸引例

 このページの監修をお願いしたマスターワーククリニックのアイス先生。クリニックの詳細は本誌広告をご参照ください

美容クリニックでしたいこと その4

脱毛

脱毛はエステサロンでも施術可能で、料金が安く、痛みがほとんどないという利点があります。一方、美容クリニックでは医療レーザーを使用しており、皮膚の深部にある毛根にダメージを与えることが出来るため、ワキ、剛毛、VIO、男性のヒゲといった毛が濃い部分に向いています。部位によっては痛みを伴いますが、しつこい毛を撃退したい時の手段としてお勧めです!

医療脱毛レーザーといえばヤグレーザー。波長が長く、皮膚の深部まで熱が届くので、剛毛にもしっかり効きます。肌表面には影響が出ないので日焼け肌でも施術可能

美容クリニックでしたいこと その5

痩身

痩身施術は、エステサロンで提供しているキャビテーションが有名ですが、美容クリニックの施術(ボディ用ハイフー、脂肪冷却、メソファットなど)と並行して受けると結果が早く出るとされています。今回は、日本の某大手美容クリニックのテレビCMで話題となった脂肪冷却マシンの仕組みについて少し説明します。

美容クリニックでしたいこと

脂肪冷却クリオリポリシス

「脂肪細胞は4℃で凍る」という特徴を利用した痩身マシン。不要な脂肪を凍結すると、アポトーシス(不要となった細胞が自ら死滅すること)が起こり、死滅した細胞は数ヶ月かけて体外へ排出されます。施術箇所がリバウンドする確率が極めて低いとされていますが、1度に冷却できる脂肪の量が限られているので、何度か通ったほうが効果が出ます。また、1度の施術に時間が掛かる(2~3時間)ので、暇つぶしアイテム(スマホや本など)が必須!

美容クリニックでしたいこと

ZUKOI Clinic

トンロー・ソイ2(55thプラザ1階)
電話: 082-054-2572 (日本語)

お馴染みポー先生のすごいクリニック。ハイフーや脂肪冷凍、脂肪溶解注射などが人気。日本人通訳のスタッフが常駐していて相談しやすく、リピーターが多い。

美容クリニックでしたいこと
美容クリニックでしたいこと

NIRUNDA Clinic

スクムビット・ソイ24
電話: 02-260-8864

美容皮膚科・形成・整形外科で出来るほぼ全ての施術が可能なニランダクリニック。各専門医が揃っており、日本語のHPも充実しています(nirundaで検索)。ボトックスやヒアルロン酸の一流メーカー「アラガン社」から、施術実績の功績を讃える賞を受賞しています。また、CAL幹細胞脂肪注入による豊胸手術を行っています。

美容クリニックでしたいこと
美容クリニックでしたいこと

ASIA HERB Clinic

スクムビット・ソイ24 
電話: 02-260-8864 

ハーバルボールトリートメントで有名なマッサージ店、アジアハーブアソシエーションが経営するクリニック。ビタミン点滴を打ちながら足マッサージができると話題に。現在、京都大学医学部卒の日本語ができる医師(タイ人)が着任し、医療クリニックとして各種予防接種なども行っています。

MASTERWORK Clinic

アソークタワー1階 
LINE: @masterworkjap 

ハーバルボールトリートメントで有名なマッサージ店、アジアハーブアソシエーションが経営するクリニック。ビタミン点滴を打ちながら足マッサージができると話題に。現在、京都大学医学部卒の日本語ができる医師(タイ人)が着任し、医療クリニックとして各種予防接種なども行っています。

natasa clinicNatasa Clinic

トンロー・ソイ2 55thプラザ2階 
電話: 087-414-9165 (日本語) 

バンコク駐在奥様御用達クリニックのパイオニア的存在。昔から、日本語が話せるパイサーン先生のクリニックとして有名です。脱毛やシミ取りの他、若返りレーザーとして人気のジェントルヤグが格安で受けられると好評。

本記事記載の情報は、WOM Bangkok掲載当時のものであり、現在までに変更となっている場合があります。ご了承ください。

by WOM 編集部

関連記事...

バックナンバー情報..