コラム ジョホールバルのグローバル教育事情 Vol.3 英語能力指数の高い国で英語を学ぶべき

ジョホールバルのグローバル教育事情

Vol.3 英語能力指数の高い国で英語を学ぶべき

マレーシアは、日本やタイのような単一民族国家ではなく、イスラム教を信じるマレー人、架橋の中国人、インド人がひとつの国に共存する多民族国家です。そのため、共通言語としての英語の必要性が高く、日常生活やビジネスシーンにおいて英語でのコミュニケーションが行われます。

世界規模の英語能力統計のひとつ、EF英語能力指数(EF EPI)の2018年度の結果で、マレーシアの英語力はアジア第3位、日本は11位、タイは16位となっています。もちろんマレー語や中国語の学校もありますが、ローカルの人達もインターナショナルスクールに子供を入れる事は珍しくありません。

基本的に夫婦共稼ぎが原則のマレーシアでは、子供は3歳になるとプリスクールに通います。ジョホールバルの幼稚園を取材したところ、想像よりしっかりしていて驚きました。モッテッソーリ手法や21世紀型教育法、ホリスティック教育法等、世界標準として存在する教育方法に、自分達のオリジナルな考えを加えた教育を実践していますし、多民族国家マレーシアならではのダイバーシティ教育も大切にされていました。小学校にあがる前の2~3年間を、ジョホールバルのプリスクールを選択するというのもありだと思います。10歳までに完成するとされている英語耳を養う環境として最適だからです。

日本人学校に通うお子さんも、英語のフォローアップとして、定期的にジョホールバルに英語短期留学することができたら、英語力がぐんと伸びると思います。ぜひご検討ください。

お申し込み(詳細は上記ページにてご確認ください)

※「Send」ボタンをクリック後、ボタンのすぐ下にお申し込み完了をお知らせするメッセージが表示されますのでご確認ください。





ご連絡内容* 3月説明会お申し込み 詳細お問い合せ
お名前*
お電話番号*
メールアドレス*
お子様の年齢*
その他
(お子様人数
ご質問事項などをご記入ください)


※「Send」ボタンをクリック後、この上にお申し込み完了をお知らせするメッセージが表示されますのでご確認ください。


※ご希望回が満席で、第二希望日のご選択がない場合は、ご希望日(回)のキャンセル待ちでの受付となります。
※キャンセル待ちでお申し込みいただいた方には来月以降開催予定の「NWB×WOM Bangkok お金の勉強会」へ優先的にご案内させて頂きます。
※2営業日を過ぎてもお申し込みご確認のメールが届かない場合には、システム上のお手続きが正しく終了していない可能性がございます。お手数ですが WOMお問い合わせ先 までご連絡くださいますようお願いいたします。

丸山 幸子
Global Women's Association (GWA)ファウンダー兼代表理事

国内外にグローバルな人材を育成する事を目標に活動する一般社団法人グローバルウイメンズアソシエーションの代表理事。GWAの活動をきっかけに2014年よりマレーシアのジョホールバルに移住し、アジアを舞台に次世代のグローバル教育に力を注いでいる

関連記事...

バックナンバー情報..