コラム万能☆葱そぼろ

万能☆葱そぼろ

夏休み恒例の一時帰国。帰路、懐かしの香港で5日間過ごし、タイに戻ってきました。香港の中華はやはり最高!そして香港で絶対にはずせない料理のひとつが 「四季豆」の炒め物です。「四季豆」とはインゲンのことで、それをミンチ肉と炒めた料理なのですが、これがご飯に合う!タイに戻ってきてどうしても食べたくなり、揃わない調味料もある中、試行錯誤。この「葱そぼろ」さえ作っておけば、他のお料理にもアレンジできるし、とっても便利です!

材料

鶏ミンチ150~200g
白ねぎ1本
ゆでたけのこ100g
しょうがのすりおろし大さじ1
調味料 
紹興酒もしくは日本酒大さじ2
砂糖大さじ1
しょう油大さじ4
チキンスープまたは中華スープの素少々
ごま油適宜

作り方

1.白ねぎは青い部分も全部細かく刻む。ゆでたけのこも、細かく刻む。

 

2.フライパンにごま油少々を入れて熱し、鶏ミンチを炒める。途中、紹興酒(または日本酒)を入れて炒め、肉の色が変わったら、しょうがのすりおろし、白ねぎとたけのこも入れて炒め合わせる。

 

3.全体をよく炒めたら砂糖としょう油、スープの素少々を入れ、ザッと炒め合わせたら、そこへ水100ccを入れてヘラで混ぜながら2分ほど煮る。

POINT!

とろみをつけるとまとまって柔らかいソース状になります。その場合は、片栗粉大さじ1を同量の水で溶いたものを最後に加えるか、粉寒天があれば、小さじ2分の1ほど加えてみてください。実際の「四季豆」レシピは、『橄欖菜』という瓶詰めで市販されているオリーブの調味料を使います。インゲンは3センチくらいの長さに切り、10秒ほど油通ししてから葱そぼろと炒め合わせると驚くほど柔らかくおいしくなります。この葱そぼろ、そのままご飯にのせて食べてもおいしいし、角切りにした豆腐と炒め合わせてあっさり麻婆豆腐風に、また、冷奴にのせたり、卵でとじても、ご飯に合う美味しいお惣菜になります。是非、お試しください!

by WOM 編集部

関連記事...

バックナンバー情報..