今年2018年1月のスーパーブルーブラッドムーンが話題になった記憶も新しいですが、今週末には、今年2回目&今世紀最長の月食が見られます。

今週末7月27日金曜の夜、というか28日土曜の明け方です。深夜~早朝の時間ですが、多くの人は週末。明日を心配することなく見られそうです。

皆既月食の時間は長短あり、短ければ数分で終わってしまいますが、今回はなんと1時間44分あります。月食全体では、4時間55分、21世紀最長の月食となります。焦ることなくゆっくり観測できます。夜更かししてみる方も、早起きしてみる方もいそうです。

日本ではほとんどの地域で、皆既食が始まってすぐに月が沈んでしまいます。食の始まりも月が低くなってからなので、地平線近くまで見えなるところを探したいところです。月食の終わりまで見ることができない代わりに、月が蝕で欠けたまま沈む「月入帯食」が見られます。これは今回はバンコクでは見られませんね。

また、今はちょうど火星が地球に大接近となる時期と重なっています。最接近が7月31日夜のため、この7月~9月は、火星が15年ぶりの明るさ(-2等星程度)となり、赤く明るく輝く火星を観測することができます。

また、火星も太陽と反対方向、満月の近くに位置しています。皆既日食中は月も赤くなり、赤い月とまさに火の色赤い火星を一緒に見ることができるのですね。

普段空をあまり見ない方も、ぜひこの機会に眺めてみてください。今回は、明るい月と明るい火星で、都会バンコクの空でも見やすい天文ショー」です。

でも、少し郊外に出かける予定がある方はもっと鮮やかに見られるので、ラッキーですね。ちょうど連休です。予定の無い方は、空を見るためにちょっと足を延ばしてみるのもどうでしょうか。

2018年7月28日月食

出典: Eclipses in Bangkok, Thailand, timeanddate.com

バンコクでの事象時刻 [タイ時間 (ICT)]
天文事象時刻
月の出7月27日18:27
火星の出7月27日18:54
部分月食開始7月28日1:24
皆既月食開始7月28日2:30
満月7月28日3:20
皆既月食最大7月28日3:21
皆既月食終了7月28日4:13
天文薄明開始7月28日4:44
部分月食終了7月28日5:19
航海薄明開始7月28日5:12
市民薄明開始7月28日5:38
日の出7月28日6:01
火星の入り7月28日6:03
月の入り7月28日6:10
市民薄明  Civil twilight

まだ十分に明るさが残っていて、灯火・照明などがなくても屋外での活動ができる目安。バンコクでは概ね日の出日の入りから20分前後

航海薄明 Nautical twilight

海面と空との境である水平線が識別できて、天文航法に必要な星が見える目安

天文薄明  Astronomical twilight

近隣に照明がない環境で、肉眼で6等星まで見られる目安。バンコクでは概ね日の出日の入りから1時間20分前後

※いずれも正確には太陽高度で定義されています

※トップ画像出典: www.pexels.com Photo by Frans Van Heerden from Pexels