コラム プロが教える! 生命保険見直し術 第30回 ゴールを意識する

ライフサポートコラム プロが教える!生命保険の見直し術

第30回 ゴールを意識する

 弊社ではタイ居住者の方のオフショア投資サポートに力を入れています。何故なら、タイ居住者の方は、日本国内の金融機関との付き合いが実質不可のため資産形成が難しいことに加え、タイの金融機関を使うにも多くの問題点があること。一方で、タイ居住者は日本居住者の方と比べて選択肢が広いという利点があるためです。

 

 しかし、注意しないといけない点がいくつかあります。その一つは、海外の金融機関は現地の税務や法律には詳しくとも、他の国や地域のことに関しては理解していないことが多く、それに対しての説明責任が明確でないことです。

 

 最近、タイ居住者の方々で終身年金保険に加入されている方を拝見しますが、日本居住となって受け取る場合、年金と一時金では税務で大きな差が生じます。

 

 タイ居住者の多くは駐在員であり、最後は日本に帰国される方が殆どですので、この辺りに注意を払うのは基本です。受け取り時に、年金か一時金かを自由に選択できるのか、または年金受け取りのみなのか、それが将来大きな差に繋がるかもしれません。

 

 海外の年金保険は、解約返戻率に加え、将来的な利率、将来の日本の税制なども意識する必要がありますね。

 

 売り手も買い手も、しっかりとゴールを意識していきましょう!

著者プロフィール 久米直也

GLOBAL SUPPORT (THAILAND) CO.,LTD. 代表取締役社長

郵便局に12年間勤務(ゆうちょ3年、かんぽ9年)その後、AIGを経て現在に至る。来タイ6年目、3人の子を持つ父親でもあります

関連記事...

バックナンバー情報..