特集記事 人気ホテルのおすすめランチ Part.2

人気ホテルのおすすめランチ Part.2

人気ホテルのおすすめランチ、続いて、ラチャダムリエリア〜チャオプラヤ川沿いのエリアのホテルランチをご紹介

 
 

ヨーロピアン

セントレジス・バンコク

VIU

[ヴィウ]

歴史と伝統を継承し続けるセントレジスのメインレストラン「VIU」は、12階のスカイロビーに隣接しており、窓の外にはロイヤルバンコクスポーツクラブのずっと先まで広がる緑の風景が広がります。ランチタイムには明るく開放感に溢れ、まるで大邸宅で食事を楽しんでいるような風雅さが漂っています。今年からコンセプトを新たにスタートしたランチコースは、スイス人のエグゼクティブシェフ、バスティアン氏が織りなすヨーロピアンキュイジーヌ。「真のグルメを追求し、ワールドクラスの料理を提供する」というセントレジスらしいモットーを掲げたランチとなっています。その内容はというと...さすが!と思わず声に出してしまいそうな完成度。丁寧かつ繊細なデコレーションも手伝って、顧客の心をぐっと掴んでいるようです。

1

2

3

4

1新鮮マグロのシトラスサラダ 450バーツ++。マグロとシトラスフルーツの競演は生ものが苦手、という方にこそお勧め 2ムール貝の白ワインソース 490バーツ++。ムール貝の美味しさを見直してしまうような味付け!ボリュームもあり 3フォアグラを2種の調理法(フライパン炒め・テリーヌ)で 790バーツ++。多種のベリーとフルーツソースで頂きます 4抹茶パフェ 330バーツ++。抹茶のムースにマンゴーゼリー、フルーツ、クッキーと様々な食感が楽しめるデザート。以上、アラカルトメニュー参考例より。ランチコースは内容が異なりますのでご了承ください

 

ラチャダムリ駅直結

TEL0-2207-7819

ランチタイム

月~土 12:00~14:30

日曜12:30~15:30

 

セントレジスのお勧めランチ

サンデーブランチ 2,450バーツ++

※ソフトドリンク・コーヒー付き。プラス 1,200バーツでアルコールもつけられます。日曜のみ

 
 

タイ

フォーシーズンズホテル・バンコク

Spice Market

[スパイスマーケット]

フォーシーズンズホテル・バンコクが30年前に創業して以来、米大統領を始めとする世界の重鎮から愛されているタイレストラン。「バンコクで最も美味しいタイレストラン」としてメディアに取り上げられる事も多く、その伝統と味を守り続けてきました。現在のシェフは美食の激戦地オーストラリア・シドニーで経験を積んだタイ人女性シェフのアンさん。世界のセレブたちが好む味、プレゼンテーション、食材を取り入れつつタイ料理の素晴らしさをアピールしています。メニューはアラカルトのみとなっており、色々オーダーしてシェアするのがお勧め。店名の通り、タイのスパイス市場をイメージしたインテリアも素敵。また、日曜日はホテル内レストラン全体でビュッフェブランチを実施しています(一週間前に要予約)。日本など海外からバンコクを訪れるゲストの方を案内しても喜ばれそうですね。

1

2

3

4

1南部料理の甘いビーフ入りマッサマンカレー 780バーツ++ 2創業当時の味をキープしている人気メニュー、ソフトシェルクラブのチリ炒め 560バーツ++ 3シェフご自慢の一品。スチームドシーフードカレー(ホーモック) 520バーツ++ 4カントーク(様々な料理を台座付きの皿に盛り合わせた祭事料理)風にサーブされるパリチャートセット 1,320バーツ++

 

ディナービュッフェのメニュー例。高級食材をふんだんに使い、手の込んだ料理が並ぶ  

 

ラチャダムリ

TEL.0-2126-8866(内線1234)

OPEN 11:30~14:30/18:00~22:30

サンデーブランチ 11:30~15:00

 

フォーシーズンズホテルのお勧めランチ

スパイスマーケットのランチ、特にパリチャートセット!

内容:海老と蟹のすり身揚げ・トムカーグン・シーフードサラダ・牛肉とキノコのオイスター炒め・白身魚フライのチリソース・チキンイエローカレー・カオニャオマムアン・コーヒー(紅茶)

 
 

インターナショナルビュッフェ

クラウンプラザ・バンコク・ルンピニパーク

Panorama

[パノラマ]

クラウンプラザ23階のレストラン「パノラマ」のランチは、和洋中が程よく揃い、デザート、コーヒー(紅茶)まであるお得なビュッフェ。人気メニューはライブキッチンで作ってくれるトムヤムヌードルにお寿司など。メインディッシュは日替わりで、ローストビーフやラム、魚料理などが並びます。毎日実施しているので、週末は家族で利用しても良いですね。また、ディナービュッフェも月曜日から木曜日までは฿1,200++と良心的なプライス!夜はイタリアンシェフのマルコ氏がさらに腕を振るいます。こちらのホテルはルンピニ公園を臨む優雅な立地ながらビジネス街にも近く、朝から晩まで常にゲストで賑わっており、宿泊客の8割が日本からの出張者や旅行者。その為、シェフ達も日本人好みの料理を心得ており、高い顧客満足度を維持し続けています。

1

2

3

イタリア人シェフのマルコさん

1ランチビュッフェの一番人気、トムヤムヌードル 2寿司ロールも回転が良く新鮮 3この日のメインはローストビーフ

 

BTSサラデーンから徒歩5分

TEL.0-2632-9000

OPEN6:30~22:30

ランチタイム12:00~14:30

 

クラウンプラザのお勧めランチ

ランチビュッフェ 850バーツ++

※コーヒー・紅茶込み。毎日実施

 
 

インターナショナルビュッフェ

ロイヤルオーキッド・シェラトン

ホテル&タワーズ

Feast

[フィースト]

 

少し足を伸ばしてチャオプラヤー川沿いのホテルでランチはいかが?ロイヤルオーキッド・シェラトンの平日ランチビュッフェは料金がお手頃で内容も充実。ヨーロピアン、タイ料理、中華、インド料理とバリエーションが豊富なので少しずつトライしてお気に入りの料理を見つけて!中でも随時焼いている窯焼きピザはついリピートしてしまいそう。タイ料理コーナーには手長海老のグリルやマッサマンカレーといった、普段なかなか食べられない珍しいメニューに出会うことができます。また、日曜日はロブスター、フォアグラ、生牡蠣など高級食材がずらり!子供向けのアクティビティを開催していたり、アルコールドリンク飲み放題(プラス 800バーツ)のプランもあって家族で楽しめそう。目の前を流れるチャオプラヤーの川の流れを眺めつつ、ゆったりした時間を過ごしてくださいね。

1

2

3

4

季節柄モンブランのケーキが

1新鮮な野菜がたっぷ  2ムール貝や海老、好きなものを好きなだけ! 3その場で焼き上げる窯焼きピザ 4窓際の席は目の前がチャオプラヤー川

 

チャオプラヤー川沿い

TEL.0-2266-0123

OPEN6:00~22:00

ランチタイム 12:00~14:30 日曜11:30~15:00

 

ロイヤルオーキッド・シェラトンのお勧めランチ

ランチビュッフェ 790バーツ++

※サンデーブランチは 1,780バーツ(税サ込み)

 
 

フレンチ

マンダリン・オリエンタル・バンコク

Le Normandie

[ル・ノルマンディー]

 

バンコクのラグジュアリーホテルの中で最も古い歴史と格式の高さを持つ「マンダリン・オリエンタル・バンコク」。時代を超えたクラシカルな雰囲気が漂う素敵なホテルです。こちらのおすすめランチはフレンチの「Le Normandie」。現在のシェフはフランス人のアルノーさん。過去10年に渡りミシュランスターレストラン(中には3ツ星も)で経験を積み、採用基準の厳しいことで有名なマンダリンオリエンタルにヘッドシェフとして就任。弱冠32歳ながら実力派のフレンチシェフです。フランス料理は日本料理同様、ごまかしの効かない繊細な味付けで勝負するので素材選びが非常に重要。結局、狙った味を出す為に、使用する食材の約8割をフランスから空輸することに。そのこだわりのフレンチを、ランチコースならかなりお得な料金で試すことができます!常に満席に近い状態なので、平日でもご予約くださいね。

1

2

3

4

アルノーシェフは日本の黒にんにくがお気に入り

1ホタテ・かぼちゃ・グレープフルーツ 1,350バーツ++ 2フォアグラのテリーヌ 1,250バーツ++ 3ラム・赤キャベツ・ビートルート 2,200バーツ++ 以上全てアラカルトメニューより ※ランチメニューとは異なりますのでご了承ください 4一歩入った瞬間から“格”の違いを感じる店内

 

チャオプラヤー川沿い

TEL.0-2659-9000

OPEN12:00~14:30/19:00~22:30

※日曜定休

 

マンダリンオリエンタルのお勧めランチ

ル・ノルマンディー3コースランチ 1,350バーツ++

内容:前菜またはスープ、メイン、デザート

※4コース 1,750バーツ++、5コース 2,300バーツ++もあります

 
 

中華

シャングリ・ラ・バンコク

Shang Palace

 [シャンパレス]

香港に本拠地を置くホテルグループ「シャングリ・ラ」はここバンコクではBTSサパーンタクシン駅から徒歩ですぐの所に位置します。チャオプラヤー川に沿うように建てられた横長の建物の中にある飲食施設は、そのほとんどがリバビューとなっており、いずれも名店揃い。中でも筆頭となるシグネチャーダイニングは、やはりチャイニーズレストランです。現在の総料理長はこの道35年、世界のシャングリ・ラで活躍してきたシャム・ヤン・ミン氏(香港人)。
サーブされるメニューはいずれもグレードが高く、それでいてお値段は比較的お手頃。ランチタイムには飲茶メニューも100バーツ台からあり、一品料理と合わせてお勧め。この上なくゴージャスなインテリアの店内で、チャオプラヤー川を眺めながら極上のランチタイム、是非お試し下さいね。

1

2

3

4

5

1大きな海老をふんだんに使用!海老の酢豚 680バーツ 2舌触りの良い皮の中にはクリスピーな海老。フライドシュリンプの腸粉 140バーツ 3とろけるような柔らかさ、優しい味。豆腐と蟹のあんかけ 500バーツ 4シェフご自慢の逸品。蟹バサミの揚げ春巻き 140バーツ 5甘すぎず、上にはビターチョコと黒米が。マンゴープリン 180バーツ
※別途VATおよびサービス料がかかります

 

チャオプラヤー川沿い

BTSサパーンタクシンからすぐ

TEL.0-2236-9952

OPEN:11:30~14:30

日曜11:00~15:00/17:30~22:30

 

シャングリ・ラのお勧めランチ

シャンパレス飲茶と中華料理(アラカルト)

 
 

和食・鉄板焼き

アナンタラ・バンコク・リバーサイド

リゾート&スパ 

 

BENIHANA

 

[ベニハナ]

アメリカを中心に展開し、今年で開業50周年を迎えるベニハナ。スープ、サラダがサーブされ、続いて始まる鉄板焼きパフォーマンス。まるでマジックショーのようなシェフ達の演出に、店内は常にゲスト達の笑い声が響いています。鉄板焼きメニューはビーフ、ポーク、チキン、フォアグラ、海老、魚、と様々な種類があり、いずれも野菜炒め、ご飯(チャーハンにすることも可能)などが付いたコース料理となっています。お勧めはメインを2種類チョイスできる「イチバン」というコース2名でシェアしてお腹いっぱいになるコースです!また、アラカルトメニューにずらりと並んだロール寿司もこちらのシグネチャー。素材の組み合わせで味が決まるロール寿司は日本の寿司とはまた異なる、独自の進化を遂げて“高級和食”の地位を獲得しています。

鉄板焼きコースは1人のシェフが始まりから終わりまで(1時間程度)、ゲストの目の前で楽しいパフォーマンスを披露。生卵を上に投げてコック帽でキャッチ!のシーンでは思わず息を飲むゲストも

 

アラカルトメニューからは鮪のタルタル 430バーツと、金箔が乗ったドラゴンロール 39oバーツをお勧め!

 

チャオプラヤー川沿い

BTSサパーンタクシンからシャトルボート

TEL.0-2476-0022

OPEN 11:30~14:30/18:00~22:30

 

アナンタラバンコクのお勧めランチ

ベニハナ ICHIBAN 2,200バーツ++

内容:メイン2種+スープ、サラダ、野菜炒め、ご飯(2名でシェア可能)

※ランチには鉄板焼きセットの“ハウススペシャル”または“ロッキースペシャル”もお勧めです。

 
 

※店舗・メニュー・価格などの情報は、本誌掲載(2014年11月)時点のものになります。変更になっている場合がございますので、ご了承ください。

by WOM 編集部

関連記事...

バックナンバー情報..