特集記事 幸せの国ブータンを訪ねて – Part.3 – ドチュラ峠、プナカ、タクツァン僧院編

幸せの国ブータンを訪ねて – Part.3 – ドチュラ峠、プナカ、タクツァン僧院編

標高3150m ドチュラ峠へ!

ティンプーから古都プナカに向う途中、越えなければならないドチュラ(通称ドチュラ峠。ゾンカ語でラは峠の事を指すので正式にはドチュ峠)。その標高は富士山に迫る3150m。ティンプーから車でカーブの続く山道を走らせること1時間以上!(車酔いする方は酔い止めの薬が必須)。やっとの思いで山頂に辿り着くと、そこは何とも神聖な雰囲気。標高が高いので時期によってはかなり寒いけれど、空気が澄んでいて清々しい気分になります。天気が良ければヒマラヤを臨む事もできる絶景ポイントとしても有名。

道の途中、牛の放牧シーンに度々出会います

道の途中、牛の放牧シーンに度々出会います

霧が出たり晴れたり、山の天気は変わりやすい

霧が出たり晴れたり、山の天気は変わりやすい

峠に入る直前にはビザのチェックポイントが

峠に入る直前にはビザのチェックポイントが

仏塔の周りに掲げられた“ルンタ”(祈りの旗)には経文が書かれており、風になびく度に祈りが天と世界に届くと言われています

仏塔の周りに掲げられた“ルンタ”(祈りの旗)には経文が書かれており、風になびく度に祈りが天と世界に届くと言われています

道沿いに出ていた林檎などの販売所

道沿いに出ていた林檎などの販売所

前王妃によって建立された108つ(煩悩の数)のチョルテン(仏塔)

前王妃によって建立された108つ(煩悩の数)のチョルテン(仏塔)

生憎の霧で視界が悪いが、晴れていればヒマラヤを臨める

生憎の霧で視界が悪いが、晴れていればヒマラヤを臨める

春には石楠花や木蓮が咲き乱れます

春には石楠花や木蓮が咲き乱れます

ドチュラリゾート

ドチュラ越えの際、唯一の休憩所がこちら。ストーブで暖を取りながらお茶を頂く事が出来ます。またホテルとしての利用も可能で、宿泊しながらヒマラヤから昇る日の出を見るツアーなどもあります。

情緒あふれる古都プナカ

ブータンで2番目に建設されたと言われるプナカ・ゾンの外観

ブータンで2番目に建設されたと言われるプナカ・ゾンの外観

プナカは1955年にティンプーが通年首都となるまで、300年もの間、冬の首都として機能していました。ティンプーからプナカまでは、ドチュラを越えて車で約3時間の道のり。標高1300m前後とブータンの中では低めで、冬も暖かく、タシチョ・ゾンの僧侶達は冬の間、こちらのプナカ・ゾンに移動します。大きな川と大自然に囲まれた古都プナカはブータン観光見どころのひとつ。

棚田の田園風景が広がります

棚田の田園風景が広がります

2つの川の合流点に建つプナカ・ゾン

2つの川の合流点に建つプナカ・ゾン

幟(のぼり)型の経文旗“ダルシン”もブータンのいたる所で見かけます。

幟(のぼり)型の経文旗“ダルシン”もブータンのいたる所で見かけます。

プナカ・ゾン

各県にある、寺院兼県庁的存在のゾン(かつての城塞)。ブータンで最も美しいゾンとされるプナカ・ゾンでは、現国王、ワンチュク国王陛下の結婚式も行われました。多くの僧侶がここに住み修行を行っていますが、観光客も一部その姿を見学する事が出来ます。

お祭りも盛大に行われるプナカ・ゾン

お祭りも盛大に行われるプナカ・ゾン

中庭にはお釈迦様と縁の深い大きな菩提樹が

中庭にはお釈迦様と縁の深い大きな菩提樹が

こちらの壁画は「友情」を表す絵。お土産屋さんで同じ絵のポストカードなどを良く見かけます

こちらの壁画は「友情」を表す絵。お土産屋さんで同じ絵のポストカードなどを良く見かけます

プナカの人々

昔ながらの着物を身につけ、家畜たちと素朴に暮らすプナカの人々。気候が温暖なので、冬場でも農作業に精を出すお年寄りの姿がありました。また、よく見かけたのが少年僧。幼くして修行僧となる少年達の中には、親を亡くした子や家が貧しいなどの事情がある子も少なくないそう。

旅のハイライトは聖地・タクツァン僧院

タクツァン僧院

チベット仏教圏において指折りの聖地とされるタクツァン僧院。パロ谷を登山口から500mほど登ったところにある断崖絶壁に建てられており、標高は約3000m。そう易々とは辿り着けませんが、だからこそ霊験あらたかな巡礼地として人気が高いのかもしれません。その昔、ブータンに仏教を伝えた高僧が、虎の背中に乗ってここへやってきたという伝説からタイガーズネスト(虎のねぐら)とも呼ばれています。脚力にもよりますが、半日がかりのトレッキングコースとなります。スニーカー、帽子、サングラスなどを持参しましょう。雨や雪で道が悪い時は中止したほうが無難です。

レストハウス

第一展望台にあるレストハウスはトレッキングコース唯一の休憩所。登る時はお茶でひと休み。下り時にはここでビュッフェ形式のランチを楽しむのが定番のスタイル。ちなみにトレッキングには子供も参加可能(自分でグズらずに歩ける5歳ぐらいからがベター?)です。

パロの街を 観光しよう

タクツァン僧院と合わせてふもとのパロの街を散策。美しいパロ・ゾンやラカン(寺院)、国立博物館などの他、土産物屋が立ち並ぶ通りもあります

綺麗な並木道

綺麗な並木道

高台に建つパロ・ ゾン

高台に建つパロ・ ゾン

学校帰りの子供たち

学校帰りの子供たち

馬の群れに遭遇

馬の群れに遭遇

街の本屋さん

街の本屋さん

牛の群れがその辺を歩いてる

牛の群れがその辺を歩いてる

お問い合わせは以下の旅行会社まで!

Wendy Tour
旅わ〜るど
ドリームグローツアー
GNHトラベル
幸せの国ブータンを訪ねて – Part.2へ
幸せの国ブータンを訪ねて – Part.4へ

by WOM 編集部

関連記事...

バックナンバー情報..