特集記事 ホアヒンに大型モールがやってきた

ホアヒンに大型モールがやってきた

海沿いの街 “ホアヒン” を、暮らすよう楽しもう。いざ BLÚPORT へ!

2016年10月1日、バンコクから車で3時間ほどの距離にあるビーチリゾートHUA HIN (ホアヒン)に、大型ショッピングモール「BLÚPORT」がオープン。サイアムパラゴンやエンポリアム、エムクオーティエなどを運営するザ・モールグループが、初めて郊外で展開するデパートメントストア&コンセプトモールとなります。おなじみのグルメマーケット(スーパーマーケット)やメジャーシネプレックス(映画館)、パワーモール(家電)など、ホアヒンの街に住む人々の生活を快適にする施設がたくさん! そして観光客も楽しめる、“ビーチ”をテーマにした楽しいコーナーも各フロアに併設され、見どころ満載の商業施設となっています。

8/89 Soi Moo Baan Nongkae, Nongkae Sub-District,Hua Hin District, Prachuapkhirikhan Province 77110 Thailand
032-905-111
営業時間:10:00~22:00

G

グルメ&ダイニング

外からウォークインでパッと入れる! グランドフロアにレストラン街とグルメマーケットがあるブルーポート。ホアヒンで人気のローカルシーフードレストランや、ホアヒン初のDEAN&DELUCA、PEPPINAなど、話題の店がいっぱい。もちろんフードコートも併設しています。

従業員の制服がボーダーで可愛い! グルメマーケットには、材料を買ってその場で調理してくれる「YOU HUNT WE COOK」のコーナーも!

106-sp004 106-sp005 106-sp006
106-sp007 106-sp008 106-sp009
106-sp010 106-sp011

レストラン街にあるカフェ&レストランは全部で20軒ほどですが、グルメマーケットの前にも20軒ほど、クレープやラーメン、ファストフード店などが並び、価格も手ごろなのでつい食べ歩きたくなる!

B階 PORTWALK

ビューティ&ライフスタイル

地下1階はホアヒンのローカル店舗が軒を連ねるショッピングストリート「PORTWALK」。洋服、革小物、ホームスパプロダクトからインテリアまで、地元ブランドのショップが200店以上! バンコクでは買えないものも色々あるので、お土産探しにも最適。「地元企業を応援しよう」というコンセプトなので、出店カテゴリーに規制はなく、120バーツカットの床屋からタトゥーショップまでジャンルは様々。パラゴンやエンポリアムにはない、“市場”のような雰囲気が観光客にウケています。

サービスゾーンには、フラワーショップ、メールボックス、キーショップ、ウォッチリペア、スパ&マッサージなどがあります。また、B階には主要銀行11行の銀行窓口があります

106-sp014 106-sp015

①フロアには、所々にドリンクスタンドなどが出ています
②ウォーターホールの周りにはちょっとした休憩スペースが

106-sp016 106-sp017

③ボヘミアンファッションの「BOHO」や
④絞り染めの「SOOK HANDICRAFT」はリゾートファッションにもぴったり

106-sp018 106-sp019

⑤PORTWALK AVENUEと呼ばれる催事エリアはハンドクラフトの店舗が並んでいました
⑥ファンシーファッションの「MOOMIN」

106-sp020 106-sp021

⑦ホアヒンのスパプロダクトブランド「PHUTAWAN」
⑧ヘアケア商品も揃うナチュラルプロダクトの「SUNSHINE」

106-sp022 106-sp023 106-sp024 106-sp025

左上から、⑨ビーチリゾートでは必須の帽子。可愛いデザインのストローハットがこんなに!
⑩⑪インテリアショップで有名なローカルブランド「DÉCOR BY KHAO KAO」が、ファッションブランドも同名で展開! サンダルやバッグなど使えそうなデザインのものが沢山あります
⑫レモングラスの香りにこだわったホームスパプロダクトショップ「LEMONGRASS」

1階 BEACH STORY

ファッション&ビューティ

おなじみのコスメティック&ファッションフロア。ホアヒンでは今まで手に入らなかったシャネルやエルメス、MACの化粧品が買えると評判! また、ユニクロやH&Mなどファストファッションの大型店舗を始め、JASPAL、ALDO、NARAYAといった人気店が軒を連ね、ホアヒン在住者にとっては「わざわざバンコクまで買いに行かずに済む」と好評。また、デパートメントストアの中にはバッグ、靴、ファッションなどのブランドがバンコクの百貨店と変わらないほど充実しており、セールの時期にも賑わいそう! 「Beach Story」という、ビーチをテーマにしたコーナーも必見です。

106-sp035
106-sp034 106-sp036

南国リゾート気分満載!「Beach Story」

ビーチライフに関するあらゆるものを集めたコーナー。水着、ビーチサンダル、浮き輪、リゾートファッション、雑貨など、ブルーポートがセレクトしたお洒落なアイテムが数多く揃います。面白いのは「Pinn Creative Space」というショップ。刺繍、レーザープリント、レーザーカット、3Dプリンターなどがあり、自分だけのオリジナル商品を作ることが可能なのだとか。

106-sp082 106-sp027

106-sp028 106-sp029 106-sp030

106-sp031 106-sp032 106-sp033

BLÚ PLATINUM LOUNGE

1階の端にあるブループラチナムラウンジは、インターコンチネンタル・ホアヒンリゾートに滞在しているゲストやMカードの上級会員が無料で利用できるラウンジ。ドリンクやお菓子などが常に用意されており、買い物の途中で疲れたときに立ち寄れるようになっています。

106-sp048 106-sp037

106-sp038
リゾートらしいナチュラルなインテリアが素敵。ここでゆっくり、旅のスケジュールを立てるのも良いですね

2階 BLUPORT CINEPLEX

メンズファッション&ライフスタイル

メンズファッション&メンズ小物、スポーツモール、ドラッグストアの「BOOTS」、そして映画館のメジャーシネプレックスなどがある2階。ゴルフグッズやスニーカーが必要! という急なニーズに応えてくれそう。また、「すしひろ」や「HOLLYS COFFEE」など、バンコクで人気の飲食店が4軒ほど、この階にあります。

106-sp041106-sp044

106-sp045106-sp046

BLÚ CONCIERGE

2階、デパートメントストア部分のメンズ売り場奥にあるブルーコンシェルジュ。VAT(消費税)リファウンドが必要な方、ベビーカーの貸し出し、Mカードの発行、法人向け領収書の発行、CITI M VISA会員向けのサービス、忘れ物の届け出受付などを行う総合カウンターとなっています。

106-sp049 106-sp048

106-sp047
歩き疲れてしまった時にも利用したいこちらのコーナー。G階と3階にも併設されており、快適なショッピングをサポートしてくれます

3階 WHALEY PORT

キッズ、ホーム、家電

3階はキッズ、文具、家電、キッチン&バス用品などのフロア。そしてBLÚPORT目玉施設の一つである「WHALEY PORT」があります。こちらはアミューズメントセンターの中に、タイで初めての常設インタラクティブデジタルプレイグラウンド(有料)があり、その中では、デジタルの海や砂場にいる魚やカニを追いかけたり、自分で描いた海洋生物が海の中を泳いだり、デジタルクジラと話しをすることができます! 1時間単位で料金が設定されていますが、ボールプールや遊具もあって、あっという間に時間が経ってしまいそう。また、アミューズメントセンターにあるゲームマシーンのバリエーションも豊富なので、小さなお子さんだけでなく、ティーンエイジャーから大人まで、家族みんなで楽しめる施設になっています。

106-sp051106-sp052

106-sp053 106-sp054 106-sp055

こちらの施設は韓国のIT企業によるインタラクティブデジタル作品。身長105㎝以下のお子さんは1時間฿190(土日฿240)、105㎝以上のお子さんは฿240(土日฿290)、付き添いの大人は฿50という料金設定になっています
※アミューズメントパークは入場無料

106-sp056 106-sp057

デパートメントストア部分には家電のパワーモールやキッチン&バスグッズが。昔から、タイ人の間ではホアヒンに別荘を持つのがステータス。オープン以来、テレビ、洗濯機などの家電やキッチン用品がよく売れるのだとか!

最後に、ちょっとG階に戻って…

1 2

①BLÚPORTに入ったら、まずサービスカウンターでディレクトリーをもらいましょう。ベビーカーの貸し出しはここでも可能
②インターコンチネンタルホアヒンリゾートの新館「ブルーポートウィング」は、G階からダイレクトにアクセスすることができて便利

BLÚPORT直結!
インターコンチネンタル ホアヒン リゾートに泊まろう

大きなラグーンプールを携え、ビーチにもダイレクトにアクセスができる人気リゾート、インターコンチネンタル・ホアヒンが、BLÚPORTの開業に合わせ、新館ブルーポートウィングをオープンさせました。宿泊しているゲストには、ブルーポートのショップやレストランの割引き券や、プレミアムラウンジの利用カードが配られ、とってもお得。また、今年8月にオープンしたウォーターパーク「Vana Nava Hua Hin」の入場料(600~1,000バーツ)も無料になります。ラグジュアリーな五つ星ホテルに滞在しながら最新のホアヒンを満喫してみませんか?

※プロモーションは予告なしに変更する場合があります

106-sp061 106-sp062 106-sp063

ビーチの目の前に建つプールヴィラはハネムーンのゲストにも人気

106-sp064106-sp065

左、ジャグジーシステム付きのラグーンプール、ビーチ沿いのインフィニティプール、プールバー、水上サラ(デッキチェア付き)、とラグジュアリーな施設が揃うパブリックプールが素敵。
右、洗練されたインテリアだけでなく、トリートメントのクオリティの高さも評判の「SPA INTERCONTINENTAL」

106-sp066106-sp067

左、メインダイニングはタイ料理の「PIROM」とイタリアンの「FELICITA」。ホテルの総料理長はイタリア人のリカルド氏が務めています。
右、雰囲気の良いロビーラウンジではアフターヌーンティーを実施

リゾートならではの解放感!オーシャンビューの“ビーチウィング”

106-sp071

インターコンチネンタル・ホアヒンのゲストルームは全室コロニアルスタイルのデザインとなっており、細部に至るまで、快適さと高級感を追及しています。バスアメニティがロクシタンのヴァーベナシリーズなのも嬉しい。

106-sp069 106-sp070 106-sp068

ベランダにバスタブが配された「Resort Classic Suite」。ゆったりしたリビングで寛げる、広さ100㎡のお部屋です

新館 “ブルーポートウィング”に泊まろう!

106-sp073

BLÚPORT 直結の「ブルーポートウィング」は、白を基調とした“コロニアルモダン”が特徴。ヨーロピアンとアジアンを融合させた、古き良きインドシナ時代を彷彿とさせる雰囲気です。レストラン、スパ、キッズクラブなど、主なファシリティはビーチウィングにありますが、こちらにもレセプション、ジャグジー付きのパブリックプール、TWGのカフェなどがあります。ブルーポートへは、グランドフロア(G階)の専用通路からアクセスすることができます。

ブルーポートウィングのゲストルームカテゴリーは3つ。いずれもインテリアのコンセプトは同じです。広さはスーペリアルームで37㎡からと広め。全ての部屋にバスタブとシャワールーム、ロクシタンのバスアメニティが備わっています

106-sp074106-sp075

広さ60㎡~の「スーペリアスイート」の様子。高級感、質の良さ、居心地の良さは、もはやインターコンチネンタルホテルの基本条件。ベッドマットやファブリックのクオリティの高さ、家具や雑貨のオリジナリティ、を実感することが出来ます

106-sp076106-sp077

朝食はビーチウィングのメインダイニングでビュッフェ、またはこちらのレストラン「Le Colonial」でアラカルトメニューをチョイスすることができます

106-sp078

ブルーポートウィングは客室の数が少ない為、併設プールの利用者も少なく、混雑することがなくて快適

106-sp079106-sp080

レセプションに隣接するTWGのカフェ。アフターヌーンティーセットが人気!

106-sp081

ブルーポートウィングとビーチウィングは道路を挟んで建てられており、専用歩道橋を使って行き来することが出来ます

INTERCONTINENTAL HUAHIN RESORT

33/33, Petchkasem Road, Prachuabkhirikhan, Hua Hin, 77110 Thailand
+66-32-616999

by WOM 編集部

関連記事...

バックナンバー情報..