特集記事 ファーストバンコク☆アテンドプラン
Part.2 街遊び編

ファーストバンコク☆アテンドプラン
Part.2 街遊び編

アテンド3日目

雑貨屋巡りとスパがメインの女子デー

 

「マンゴスチングッズが欲しい!」と朝内さん。事前にガイドブックなどで雑貨屋さんの目星も点けている様子。タイならではのアジアン雑貨、そして使えるスパプロダクトを求めてスクムビット周辺を散策しましょう。

 

10:00 ホテルを出発し、雑貨屋さんへ

チャトチャックなどマーケットもいいけれど、雑貨屋さんに並ぶ商品はセンスが良い!チェンマイなど北タイの製品も扱っているお店もあり、欲しいものがザクザク。モン族のテキスタイルを使用したバッグなど、「セレクトショップでこういうの、高く売られているよ!」とお2人。ファッション系のお仕事をしているだけあります。

お勧め雑貨店

ニア・イコール(スクムビット・ソイ47 0-2258-1564)

ピースストア(スクムビット・ソイ31 0-2662-2916)

ハットリコレクション(スクムビット・ソイ35 0-2662-0381)

チコ(スクムビット・ソイ53 0-2258-6557)

チムリム(スクムビット・ソイ43 0-2662-3237)

アクト(スクムビット・ソイ39 0-2261-1723)

 

13:00 遅めのランチはタイ料理の人気カフェレストランへ

グランドハイアットエラワンにある「エラワンティールーム」は、タイの家庭料理をグレードアップさせたメニューが豊富。この日は“ラードナー”と“パッタイ”をオーダーしました。かなり高級なお味!
(エラワンティールーム0-2254-1234)

ホテル内のカフェだけあって雰囲気もサービスも良く、お土産品コーナーに置いてある商品も洗練されています。

今回はランチタイムに訪れましたが、こちらのカフェはアフタヌーンティーセットが有名。特にタイ風のセットが観光客に人気。

 

15:00 スパで全身リラックス

日本では高くてなかなか行けないスパですが、タイではお手頃!たっぷり時間をかけて、全身アロママッサージはいかが?また、オリジナルスパプロダクトは自分へのご褒美やギフトとしても人気があります。

お勧めスパ

オアシススパ (スクムビット・ソイ31 0-2262-2122)

マイスパ (アソーク・タイムズスクエア 0-2653-0905)

バニラスパ (スクムビット・ソイ39 0-2260-2787)

コランブティックスパ(エカマイ・ソイ10 0-2726-9978)

divana divine Oriental Organic Spa (トンロー・ソイ170-2712-8986)

 

ほか、韓国スパなども本誌広告をご参照下さい。

 
 

ありきたりのタイ土産に飽きたら、スパで買うオリジナルプロダクトがおすすめ!

今回、2人とも「MY SPA」でオーガニックアルガンオイルを大人買い! さすが日本のOLさんは良いものを見逃しません。

アジアハーブアソシエイション(0-2261-7401)ではハーバルボールをゲット!

「コランブティックスパ」のボディソープはレモングラスやマンゴスチンなど香りが良く、ハンドソープとしてもおすすめ。

こちらもチェック!

タイでは薬局でのお買い物も忘れずに。日本で入手しにくい医薬品が手頃に買えるタイ。日本人常駐の薬局「BLEZ」なら、使用方法などをアドバイスしてくれ、買いやすい!

例えばこんな商品が人気!

ヤードム/ レチンA(ピーリングクリーム)/ ニキビ薬/ シミ取りクリーム/ 育毛剤/ まつ毛用育毛剤(ぐんぐん伸びる!)/ 頭痛薬(とにかく安い!)/ 水虫薬/ バストアップクリーム/ スリミング茶

BLEZ

■アソーク店 (ソイ21と23の間)

営業時間9時~23時

092-223-1251

0-2258-8283

■ソイ39店(バイオハウス手前)

営業時間9時~19時

092-223-1252

0-2259-2716

 

 

18:00 ディナーはお待ちかね「ソン・ブーン」へ!

プーパッポンカリーが人気のソンブーン。市内に支店が幾つかありますが、やはり日本人に人気なのはスリウォン支店。客席が多く、外国人対応も慣れています。また、味付けも日本人好みと評判。ちなみに本店はバンタットンにあり、そちらは中華系タイ人で賑わっています。

(ソン・ブーン レストラン スリウォン支店0-2233-3104)

 

21:00 バンコクの夜景を楽しみながらお酒を楽しむ

ルーフトップレストラン&バーの先駆者的存在なのが「シロッコ」。シーロム通りの突き当りに位置するステートタワーの63階にあり、「世界一高い場所にあるオープンエアーバー」という謳い文句で有名になりました。映画「ハングオーバー2」にも登場し、人気はさらに加速、連日観光客が押し寄せています。シロッコまたは併設のスカイバーで、カクテルを片手に摩天楼を楽しみましょう。

(Sirocco 0-2624-9555)

アテンド4日目

憧れファイブスターホテルで過ごす

 

バンコク最後の1日

 

バンコク最後の夜は、マンダリン・オリエンタル・バンコクにステイ。観光目的のゲストが常に行き交うホテルですが、宿泊してみるとその素晴らしさをさらに実感することができます。ところでこちらのホテルのプール、風水では龍の通り道に位置するらしく、バンコク屈指のパワースポットとしても有名です。

 

10:00 滞在していたホテルをチェックアウトし

サイアムパラゴンでショップクルーズ

ファッション関係のお仕事をしている2人が気になるのは、やはりバンコクの百貨店事情。ハイブランドとセレクトショップを見て回り、ZARAでもお買い物!「日本より安いし、日本ですぐ売り切れたアイテムもあるー」と2人。ZARAは日本でも依然人気なんですね…。ついでにスーパーマーケットでお菓子などお土産を購入。

マンダリンオリエンタルバンコクのロビー

 

12:00 ランチは現地の人に混じってフードコートで

パラゴンのグランドフロアにあるフードコートでは、タイの家庭料理を楽しむことが出来ます。総菜とご飯、麺類、カオマンガイ...。外国人でも食べやすいメニューが多く、英語表記もあります。クーポンコーナーでカードに希望の金額をチャージしてもらい、使い切れなかった分は帰りに清算するシステム。こちらのフードコートなら大体200バーツぐらいでランチとドリンクが買えます。

 

14:00 マンダリンオリエンタルにチェックイン

憧れホテル、マンダリン・オリエンタル・バンコクに到着。とにかく人が多いので、「チェックインです!」と宣言してボーイさんを呼ぶと、中からタイの民族衣装を身に着けた女性スタッフがやってきて、ウエルカム “プアン・マーライ(花輪)” を渡してくれます。日本人スタッフの方が対応してくれ、スムーズにチェックイン。優雅な空間で思いっきりリラックスしましょう!

(MANDARIN ORIENTAL BANGKOK 0-2659-9000)

 

16:00 "オーサーズラウンジ" でハイティー

予約の電話をしたら、ハイティー(アフタヌーンティー)は1ヵ月先まで既に満席との返事。ギリギリまで諦めずに日本人スタッフの方に相談したら、宿泊客ということもあり、何とか席を確保してもらえました。ラッキー!

 

18:00 夜はアジアティーク散策

今回の旅程は平日だった為、ウィークエンドマーケットには行けませんでしたが、その代わりナイトバザーへ。ハイティーの時間が遅めだったので、夜ご飯はカフェで軽めに済ませ、お茶を飲みながらファーストバンコクの思い出を振り返ります。明日はいよいよ帰国!

路面店やデパートでは味わえない、小さなローカルショップの雰囲気を堪能。意外な掘り出し物もあるからショップホリックにはたまらない!

 

翌8:00 マンダリンオリエンタルの朝食ビュッフェは評判通りの素晴らしさ

この旅最後のお楽しみはマンダリンオリエンタルの朝食ビュッフェ。並ぶ料理はいずれもレベルが高く、果物やサラダも新鮮。リバーサイドでパワースポットのオーラを浴びながら、エナジーチャージも完了!

 

11:00 名残惜しみつつホテルをチェックアウト。空港に向かいます

観光にスパ、食事、買い物、ファーストバンコクの旅でやりたかったことをほとんど経験し、満足した様子の2人。「バンコク、思ってたよりずっと楽しかった! また来たい」とおっしゃっていただきました。喜んで頂けて良かった!

* END *

 

旅行会社のクーポンは個人で手配するよりずっとお得!

人気の観光地やレストランなど、旅行会社のクーポンを使えば料金が安くなる! アテンドする際や家族で楽しむ際、ぜひ利用してみてくださいね。

お得なクーポンのお問い合わせはこちらの旅行会社まで

by WOM 編集部

関連記事...

バックナンバー情報..