特集記事 チャトチャックで探す厳選タイ土産 Part.2
『チャトチャックを歩いて見つけよう、新しいタイ土産』

チャトチャックで探す厳選タイ土産 Part.2
『チャトチャックを歩いて見つけよう、新しいタイ土産』

[04] Witaya

セクション23 ソイ32/7 ルーム033,034,045,046

アクセサリーの企画、OEMなどを請け負っている卸しメーカーがショールームとして運営するこちらのショップ。普段使いのアクセサリーからコスチュームジュエリーまで幅広い品揃えとなっています。人気のチャン・ルー風の革紐ブレスレットもあらゆるカラー、パターンが揃っており、つい何個も欲しくなってしまいます。店内にはネックレス、ブレスレット、ピアスからヘアアクセサリーに至るまで、ビーズを使ったアイテムがたくさん!単品での購入は割高になってしまうので、2個以上まとめて買うのがお勧めです。

[05] KRONTHEP SUPACHOKPAIBOON

セクション22 ソイ4/3 ルーム022

ポリレジン樹脂製の仏像ショップ。フィギュア人形などに使用されるこの素材を使ってカラフルな仏像や神様を作るという斬新な発想!店にはタイの有名な仏像や神様が大小様々、色とりどりに揃っています。一見バチ当たり(?)なような気もするカラフルさですが、形は精巧で、非常によくできています。ユニークなお土産としていかが?

価格帯は100バーツから1,000バーツぐらい。一番人気は象の化身のような姿の恋愛の神様、ガネーシャ

[06] A2 Silver

セクション14 ソイ22/6 ルーム080

 フクロウの人形だらけのショップ。なぜフクロウなのか? なんでもフクロウは幸福を運ぶチャームとして色々な国で人気なのだとか。こちらはメーカー直営店で、商品は全てオリジナルデザイン。柄がパッチワーク風になっていて、とにかくバリエーション豊富。木の枝に止まっている姿のデザインが可愛く、お土産に買っていく外国人も多いそう。その場で名前を入れてくれるサービスもあります(無料)

サイズがいろいろあって、価格は35バーツから。ギンガムチェックや水玉など、柄が多くて選ぶのが大変!

by WOM 編集部

関連記事...

バックナンバー情報..