特集記事 タイ初上陸IKEAへ行こう! Part.1
IKEAのこと

タイ初上陸IKEAへ行こう! Part.1
IKEAのこと

タイ初上陸IKEAへ行こう!

世界最大の北欧家具専門店「IKEA」が満を持してタイ・バンコクに上陸! センスの良い家具や雑貨を手頃な価格で提供し、各国で人気を博していますが、その影には徹底的なマーケティングリサーチと戦略、デザイン開発の努力が。IKEAバンナーは2011年11月、洪水騒動のまっただ中にオープン。その逆境を物ともせず、あっという間に大人気店に。さあ、WOMを持ってあなたもIKEAへレッツゴー!

IKEAのこと

スウェーデン南部の森から出発し、世界にまたがる大手家具チェーンになるまでの足跡。

1926

創業者イングヴァル・カンプラード氏はスウェーデン南部のスモーランド地方の農村部に生まれました。幼い頃から事業への関心があった彼は、5歳で近所の家々にマッチを売り始め、7歳になる頃には自転車でもっと遠くまで訪問販売をしに行くようになります。ストックホルムで安くまとめ買いをしたマッチをバラで売ると利益を得られることを知り、草花の種やグリーティングカード、クリスマスツリー用の飾りへと商品ラインナップを広げていきました。

1943

イングヴァル17歳にして会社を設立。イニシャル (I.K.) と、彼が育った場所であるエルムタリッド農場とアグナリッド村の頭文字 (E.A.) から社名をIKEAとしました。はじめはペン、財布、額縁、テーブルランナー、時計、宝飾品、ナイロンストッキングなどを販売。より手ごろな価格の商品を求めていた人々のニーズに応えました。

1945

売れ行きが伸び、訪問販売ではまかないきれなくなったため、地元の新聞に広告を出して、間に合わせの通信販売をスタートさせます。牛乳配達の車を利用し、商品を最寄り駅まで運んでもらうように。

1948

自宅近くの森にある、地元の製造業者の家具を販売開始。評判は上々でした。

1951

カタログ登場。家具の販売をより大規模に展開する可能性を見出します。

1953

ショールームオープン。初めて製品の実物を見てから注文できるように。低価格帯の自社製品の機能性と品質を証明。

1956

イケアが家具の自社デザインに踏み切る。また、テーブルの脚を外すと車に積めて配送時のキズも防げる、という従業員のひらめきから、フラットパックという梱包方法の模索が始まります。

1958

スウェーデン・エルムフルトにイケアストア第1号店オープン。6,700m2の面積にホームファニッシング製品が勢ぞろい。当時北欧で最大の家具店となりました。

その後世界40ヵ国以上に展開し、日本へは2006年に上陸。現在日本国内7ヵ所に店舗があります。タイでは2011年11月、バンコク・バンナーにグランドオープン。今後多店舗展開する予定。

forest
wood

イケアの経営哲学「イケアウェイ」

優れたデザインと機能性を兼ね備えたホームファニッシング製品を幅広く取りそろえ、より多くの人々に利用してもらうため、できる限り手ごろな価格でご提供する。それが、商品開発・仕入れから販売に至るまで、イケアのすべての取り組みの核心にある理念です。高価で質の高いもの、安価で質の低いものなら、誰にでもつくれる。でも、手ごろな価格で質の良いものをつくるにはコスト効率性と革新性を併せ持った新たな生産方法を開拓する必要があります。これこそがIKEA創業当初からの焦点でした。原材料を最大に活用し、人々のニーズや好みに応じて製品を最適化することで低コストを実現し、還元するのがイケアの経営哲学、すなわち「イケアウェイ」なのです。

nightscene

IKEAの社会と環境への取り組み

IKEAはバリューチェーン全体 (原材料の採取から製品の廃棄まで) のCO2排出量削減に取り組んでいます。

再生可能エネルギーの使用

長期計画として、化石燃料の代わりに再生可能エネルギーを使用することを目標に掲げ、すでに今後数年でおよそ150のストア・物流センターに光電池 (ソーラー) パネルを設置することが決まっています。建物に必要な電力の10~25%をソーラーパネルでまかなう見込み。

効率的な製品輸送

オペレーションで発生する二酸化炭素 (CO2) 排出量の大部分を占めるのが、サプライヤー・物流センター・店舗間の陸運・鉄道・海運による貨物輸送によるもの。そのためコンテナやトラック一台一台の充填率をできるだけ上げ、無駄な隙間を最小限に抑えています。また、イケアは輸送サービス業者に対し、現代的な車両の使用、明確なCO2排出量目標の設定、CO2排出量の測定を求めています。

「すべての子どもたちが健康で安全な子ども時代を送り、質の高い教育を受けられるよう」IKEA Foundationを設立。

子どもたちが人生のよりよいスタートを切れるよう、長期的・短期的プロジェクトを支援。現在、1億人の子どもたちがプロジェクトのサポートを受けており、とくにインドでは大規模なプロジェクトに取り組んでいます。また、ソフトトイを1つ買うごとに1ユーロが子どもたちの教育支援のために寄付されるキャンペーンを実施しており、世界中に存在する "学校へ行くのを夢見ている子どもたち" をサポートしています。

支援内容の例

●ベトナムの少数民族の子どもたちの教育向上に取り組むUNICEFのプロジェクトを支援

●教育環境が急激に低下したアルバニアの子供達に本を支給

●パキスタンの子どもたちを搾取や虐待から守る為のセンターを支援

●ロシアで障害を持つ子供達のために教育環境を整える

●戦争で荒廃したコートジボワールに学校を再建

その他、災害時などの緊急支援をユニセフやセーブ・ザ・チルドレンと共に行っています。

kids
kids

2011年度のソフトトイキャンペーン結果

前年度は、世界に展開する319のイケアストアで850万個のソフトトイが売れ、寄付金は1140万ユーロ (約12億7680万円) に。うち、日本国内のイケアストアで集まった寄付金は33万6130ユーロ (約3764万円) 。集まった寄付金は、多くの子どもたちが質の高い教育を受け、よりよい人生のスタートを切るために役立てられます。

soft toy1
soft toy2
soft toy3

IKEA Bangna 基本情報

営業時間  10:00~22:00
飲食店 09:30~22:00 (L.O.21:30)
住所 38 Moo 6 Bangna-Trad km.8

Bangkaew Sub-District, Bangplee District, Samutprakarn 10540

Email:[email protected]

Tel 0-2708-7999
entrance

BTS+シャトルバスでのアクセス

BTSウドムスク駅5番出口からシャトルバスが30分おきに出ています。距離は約3Km、乗車時間は道路状況により5分から10分程度です。

ウドムスク→IKEA 始発 09:00

IKEA→ウドムスク 最終 22:30

shuttle

IKEA FAMILY会員になろう

色々な特典がある会員カード。店内数ヶ所にあるこちらのコーナーで簡単に申し込むことができます (英語)

主な特典

●プロモーション商品を会員価格で購入可能。

●ポイントを貯めてキャッシュバウチャーをゲット。

●IKEAを訪れる度に、レストランでコーヒー2杯無料。さらに2つの料理を会員価格で提供。

●セール等の招待。

●ニュースレター配布など

familykiosk

各種サービスについて

●デリバリーサービス

タイ国内全土に配送が可能です。

例) イケアストアから50km以内の場所で、荷物の大きさが1.5立方メートル以内の場合の送料は 650バーツ

●組み立てサービス (350バーツから)

●縫製サービス

イケアのテキスタイルでカーテンなどを作る場合。料金は直接相談してください。

●ギフトカード

100バーツ~ 20,000バーツまでのギフトカードがあります。プレゼントにいかが?

※サービスカウンターはグランドフロアの会計エリアを出て右手にあります。

※記載の情報は、WOM本誌掲載当時のものであり、現在までに変更となっている場合がございます。ご注意ください。

by WOM 編集部

関連記事...

バックナンバー情報..