特集記事 お気にいりカフェ、見つけた!
Part.2 バンコク全域編

お気にいりカフェ、見つけた!
Part.2 バンコク全域編

 個性的なメニューで勝負する店、可愛い内装の店。WOMが見つけた素敵なカフェ、スクムビットエリアから離れ、バンコク都内各地からご紹介します。

BUTTER CUP

美味しい“カフェ飯”とスイーツのバリエが豊富! 女性オーナーこだわりの可愛いお店

ニューペッブリー(アマリレジデンス内)
0-2319-9630
9:00~21:00

 バンコク病院へ向う途中にあるアマリレジデンスの1階に入っているバターカップ。広くて開放感のある店内、まず入ると焼き菓子が並ぶテーブルが。カントリースタイルのインテリアにアンティーク小物が配され、素敵な雰囲気です。朝食、ランチセット、パスタなどフードバリエーションも豊富で、とにかく「使えそう」! タクシーでのアクセスは、とりあえずバンコク病院を目指してもらい、ちょっと手前にあるAmari Residenceで降ろしてもらえばOK。プロンポンエリアからも意外に近いので、普段BTS沿線にしか出掛けない方もぜひこの機会に “カフェ巡り” してみてくださいね。

1.キャラメルで花を描いたシグネチャーコーヒー「バターカップ・ラテ 100バーツ」

2.最もよく売れている「バナナパイB110」はフレッシュクリームがたっぷり

3.「アーモンドクラストフレンチトースト 200バーツ」

【オススメ】
4.「セットA 300バーツ」はスープ、パニーニ(またはサンドイッチ)ドリンクがセットに。さらに+50バーツでケーキを付けることができます!

ほぼ毎日店に立ち、自分で料理を作っているオーナーのタップさん。ケーキも毎朝手作りしています。アメリカに住んだ経験を、メニューやインテリアに生かしているそう

The Fabulous Dessert Cafe

カオサン周辺を散策したら立ち寄りたいアンティーク雑貨の並ぶ一軒家カフェ

カオサン通り(ソイ・トムヤムクン)
0-2629-1144
10:00~24:30

 世界中からツーリストが集まるカオサン通りの一角にある、お洒落な一軒家カフェ「ザ・ファビュラス・デザート・カフェ」。トムヤムクンという有名なタイ料理レストランのすぐ隣の小さなソイを入ったところにあります。赤を基調とした店内にはアンティーク雑貨が飾られ、何とも可愛い雰囲気。ソファー席に座っていつまでもお喋りしていたくなる、そんな居心地良い空間が広がっています。ちなみに、こちらのカフェを運営する会社は、他にもホテルやレストランを展開しており、そのどれもがヒットしています。セントラル・バンナーにも同じカフェがあるので、そちらもご利用くださいね。

1.チェリー酒リキュールを使った「マラチーノフラッペ130バーツ」

2.「ブラウニー 140バーツ」

3.カフェ外観。2階部分にも席があります

【オススメ】
4.大きなトーストにハニーとバニラアイスクリーム、フレッシュクリームをたっぷりのせて頂きます「フェイバレット・トースト 140バーツ」

99 Rest Backyard Cafe

閑静な住宅地の一角で発見エレガントな雰囲気のガーデンカフェ

ラマ9世・ソイ41 (パタナカン・ソイ25)
0-2300-4339
11:00~23:00 (月曜定休)

 バンコク有数の高級ムーバーン (一軒家の集合住宅) に併設されているカフェ。池と緑に囲まれた閑静な佇まいで、ガーデンウエディングの会場としても利用されています。こちらにはフランス人シェフが常駐しており、料理のクオリティが高く、メニューも豊富。店内はブルーを基調とした高級感溢れるインテリアとなっており、座席の数も多めです。トンローからは車で20分程度。ペッブリーを東に進み、パタナカン・ソイ25を入ってUターンするか、ラマ9世通りからソイ41へ。次回のランチはちょっと足をのばして優雅なガーデンカフェで過ごしてみませんか?

1.ガラス張りの店オススメ内からは、ガーデンを眺めることが出来る

2.「サーモンステーキ・白ワインとサフランのソース 440バーツ」

3.ライチ、タマリンド、ライムのソーダ「スカイ・アフター・ザ・レイン 120バーツ」

4.「マンゴームース 140バーツ」

【オススメ】
5.「チョコレート・フォンダン・グリーンティー 190バーツ」

Alto Coffee

鮮度にこだわる自家焙煎コーヒーを味わうならここ。
その場で挽きたてをサーブします

メガバンナー2F
0-2105-1000
10:00~22:00

 エスプレッソマシーンを輸入販売している会社が、こだわりの自家焙煎コーヒー豆を使ったカフェをオープン。コーヒーは焙煎 (から煎りすること、ローストと呼ぶことも) が命。なぜならコーヒー豆は生豆の状態よりも焙煎してからの方が鮮度が落ちるスピードが早いのだとか。アルトコーヒーでは、毎週都内の自社ロースターで焙煎した豆を店舗に運び、お客さんの注文を受けてからバリスタがその場で挽いてコーヒーを作ります。多少注文してから待たされますが、味はさすがの美味しさ。値段も少々高めですが、試す価値ありです。

【オススメ】
1.「カフェラテ 95バーツ」のサイズは大きめのワンサイズのみ

2.カウンターには、ちょっとした焼き菓子が並ぶ

3.しっとりどっしりした食べ応えの「ブラウニー各種 70バーツ」

4.「クレームブリュレラテ 110バーツ」とタイティーをベースにした「チャプチーノ 115バーツ」

5.バリスタが1杯ずつ丁寧に煎れてくれる

Café tartine

フランス人オーナーが経営するフレンチテイスト満載のカフェ

ソイ・ルアムルディー
0-2168-5464
8:00~20:00

 常時15種類以上あるサンドイッチが有名なルアムルディーの人気カフェですが、今回はあえてサンドイッチ以外のメニューをご紹介。オーナーがフランス人だけあって、スイーツにもこだわりが。特にレモンパイはバンコクで一番美味しいというグルメ誌の評価も。また、フランス風にボウルでサーブされるカフェ・ラテもタイでは貴重な存在。平日朝11時まではお得なブレックファースト(99バーツ~)も提供しています。場所はBTSプルンチット駅から徒歩3分、アテネレジデンスの一角にあります。ランチタイムは混むのでちょっと早めに行くのがお勧め。

1.大きめサイズの「サーモンサラダ 220バーツ」

2.「ココナッツパンナコッタ 90バーツ」

3.「タルトタタン 100バーツ」スイーツはもちろん自家製。その他、キッシュやオニオンスーブなどフレンチメニューが充実している

4.たっぶり飲みたい方はぜひトライ! 「カフェ・ラテ(XXL) 125バーツ」

【オススメ】
5.甘すぎず程良い酸味が絶妙「レモンメレンゲパイ 120バーツ」

Café de norasingha

100年の歴史を刻むパヤタイパレスの一角にあるアンティークカフェ

アヌサワリーチャイ
0-2354-8376
8:30~19:00 (平日) / 10:30~19:00 (土日)

 ラマ5~6世時代の王宮として使われていたパヤタイパレス。現在はミュージアムとなっていますが、その一角に当時の趣をそのまま残す素敵なカフェが。東南アジア各地に古くから伝わる神話から名前をとった「ナラシン」、実はタイ初のカフェの名前もこの名前だったのだとか。オーナーはタイ北部で栽培されたコーヒー豆の卸業も営んでいるそう(カフェではその豆を使っています)。場所はBTSアヌサワリーからラチャウィティー通り、徒歩15分(1km)。タクシーではパヤタイパレスまたはロンパヤバーン・プラモングックラオ(病院)へ。

【オススメ】
1.「ホットタイティー 40バーツ」ドリンクメニューは 30バーツからと値段が安い

2.「アイスカプチーノ 45バーツ」甘いので注意

3.ホームメイド「チーズケーキ 120バーツ」見た目と違って甘さ控えめ。ケーキは日によって並ぶ種類が異なる

4.一番人気の「ソルテッドポーク(煮込み豚肉)&トースト 130バーツ」

 

Too fast to sleep

24時間美味しいコーヒーが飲めるカフェ。知ってると便利!

サムヤーン
086-577-8989
24時間営業

 MRTサムヤーン駅から徒歩2分、ワット・フアランポーンの隣に24時間営業のカフェがあります。内装はチュラロンコーン大学に近い場所ということもあり、ライブラリーをイメージしたデザインに。店内には沢山の本や写真集が積み上げられ、ゲストは自由に閲覧することができます。メニューはドリンクが中心。フードはトースト、ケーキなどが多少あるだけですが、平日の夕方と週末の午後からは併設レストランが開店するので食事はそちらで。特にハリーポッターからインスパイアされた「シークレットチャンバー」というレストランがお洒落。

1.カフェ外観。フードコートの一角にあるビルです

2.「Too fastケーキ 120バーツ」

3.意外に美味しい「コーンスムージー 80バーツ」

【オススメ】
4.程良い酸味、女性好みの味「ハイビスカス(roselle)スムージー 80バーツ」

5.「カフェラテ 80バーツ」

※記事内の情報はWOM本誌掲載 (2012年10月) 当時のものであり、現在までに変更となっている場合がございます。ご了承下さい。

by WOM 編集部

関連記事...

バックナンバー情報..