コラム バンコクとあやさんと私 第76回 あやさんの力量

バンコクとあやさんと私

第76回 あやさんの力量

 新年が明けましたね。今年も皆様にとって良い年になることを祈っています。
 さて、今年から新しいあやさんを雇う方もいらっしゃるかと思います。
 皆さんはあやさんの面接をする際、どこに重点を置いていますか? 私は今まで沢山のあやさんと面接をしてきましたが、態度、コミュニケーション力、経歴、力量など細かくチェックしています。どんなに良いあやさんでも、紹介する方(雇用者)のニーズが違えば長所が短所になることがあるからです。“仕事は丁寧だが時間がかかり沢山をこなせない”“料理は得意だが子どもの世話は得意でない”“とにかくパワーがあり何でもこなせるけどぶっきら棒”それぞれの個性が雇用者のニーズとマッチしていないと関係は長続きしないと思います。

 さて、最近では日本人の方もあやさんにお金を費やす人が減ってきているように思います。その為、あやさんの力量や経歴を見ず、安易に雇う方も増えてきているのではないでしょうか? また、あやさんも来た仕事をどんどん引き受けてしまうから、作業クオリティが低くなっているようです。とはいえ引き受けなければ生活が苦しくなりますし、週に数回だけ来てもらう「パートタイム」の形で雇いたいニーズも増えています。

 あやさんの仕事の仕方や働く姿勢は、過去の雇われ方によって異なります。
 例えば、住み込みフルタイムで雇っているのに仕事が終わらないあやさんがいるとします。そのあやさんは過去にあまり忙しい家庭で雇われたことが無かったのでしょうね…。そんなあやさんはいつフルタイムの仕事をクビになってしまうかわかりません。そこで、最近話が舞い込んできやすくなっている「パートタイム」の仕事に変わるのです。住み込みなら通勤時間なし、渋滞なし。“通い”とはストレスも体力の使い方も違います。また逆に、パートタイムで働いているあやさんをフルタイムにしたら時間が余り過ぎて手持ちぶたさになってしまうこともあります。
 雇用者によってニーズはかなり違います。短時間の面接だけで見抜くのは簡単なことではありません。皆さんが一般的に話す「いいあやさん」は、人によってはそうではないかもしれません。人の言葉だけを鵜呑みにせず、自分自身でしっかりあやさんの力量を見極めましょう。そして力量に合わせて仕事量を設定してあげるのが、雇用者の役目だと思います。

チンチョ・プロフィール

在タイ10年以上の主婦。ひょんなことからあやさんと日本人奥様の仲介をすることに。バンコク滞在経験を生かして双方の相談に乗ったり、多くのトラブルに対応。そしてまさかの高齢出産。あやさんに助けられながら家事に育児にボランティアに奮闘中。

関連記事...

バックナンバー情報..