コラム バンコクとあやさんと私 第26回 「タイでのタブー」

バンコクとあやさんと私

第26回 「タイでのタブー」

日本でも習慣があるように、タイでも日本と違う習慣があります。また、私達日本人にとってはそんなに重要なことではなくても、タイでは気をつけないといけないこともあります。何気なく生活していると気づかないかもしれませんが、その国で生活をするということはある意味、その国の文化、習慣を尊重しなければいけないのではないでしょうか? 今回はその中でも主にあやさんに関係することについてお伝えします。

○僧侶は女性に接触してはいけない教義があります。

女性は乗り物等での不意な接触にも注意してください。また、タイでは「出家」をする人が多いです。とても大切な行事なので、あやさんの子供や親戚が出家をする場合、こちらで配慮出来ることはしてあげましょう。
 

○人の頭にはさわらない。

子供や幼児の頭を撫でるのも良くないことです。日本人とは違う習慣でついついしてしまいがちですが、タイ人と接する際は気をつけましょう。
 

○足を手の代わりに使ってはいけません。

足でドアを開けたり、人を指したりすることは良くありません。あやさんからよく聞くのは、どんなに沢山の荷物を持っていても足で物や人を指すことはとても不愉快な気持ちになるということです。これは日本でも好まれることではありませんが本当に気をつけたいですね。
 

○王室・お坊さん・仏像には最大限の敬意を払い冗談や侮辱行為をしてはいけません。

また、お寺では肌を露出しすぎてもいけません。信仰心の強い国ですので、休日にお寺にタンブンに行くあやさんも多いと思います。私達も身近に出来るタンブンに参加すれば、あやさん達も私達を見る目が違います。また、タイではあやさんを雇うこともタンブンの一環としてとらえている人も多いです。
 

○大声で笑ったり、怒鳴ったりしない。

王族のように温和優雅に振る舞うのがタイ人の理想です。特に人前で注意することはとても嫌がられます。プライドが高いタイ人なので、私達が最も気をつけなければいけない点だと思います。
 

○指で人を指さない。

タイ人はあごで人を指します。物は指で指しても良いですが気をつけましょう。

ここに挙げたことはごく一部で、皆さんもよく知っていることだと思いますし、特別なことは少ないと思います。ですが自分が知らない間に無意識にしてしまったことでタイ人、あやさんとの関係が悪くなってしまったり傷つけてしまったりしてはせっかくのタイの生活も台無しになってしまいます。

チンチョ・プロフィール

在タイ10年以上の主婦。ひょんなことからあやさんと日本人奥様の仲介をすることに。バンコク滞在経験を生かして双方の相談に乗ったり、多くのトラブルに対応。そしてまさかの高齢出産。あやさんに助けられながら家事に育児にボランティアに奮闘中。

関連記事...

バックナンバー情報..