コラム バンコクとあやさんと私 第24回 「あやさんと上手く付き合う」(前編)

バンコクとあやさんと私

第24回 「あやさんと上手く付き合う」(前編)

暑いソンクラーンも終わりましたが、皆様楽しまれましたか? 今年は例年になく暑くなる時期が早く、長いと言われています。暑さになれているタイ人も今年の暑さは特別に感じているみたいですね。ということで、あやさん達の中には仕事がなかなかはかどらない人もいたのではないでしょうか...。そして、新学期が始まるこの時期に日本や他国からバンコクに来られた方も多いのではないでしょうか...。

日本の文化とタイの文化の違いは様々ですが、きっとあやさんを雇っていると「??」と思うことが多々あると思います。ですが、小さなこと一つ一つに腹を立てていてもストレスが溜まるばかりです。色々ギャップはありますがストレスを溜めずに上手く付き合えるといいですね。
 さて、ではどうすればいいのでしょう?

○褒めてあげましょう。

あやさんも人間。誰でも褒められれば悪い気はしません。どんな小さなことでもおおげさなくらいに褒めて上手く乗せてあげましょう。きっと仕事に来るのが楽しくなるのではないでしょうか。
 

○思ったことや感じたことはその場で伝えましょう。

もちろん褒めてばかりもいられないこともあるでしょう。伝えたいことはその場ではっきりと伝えましょう。時間が経てば気持ちも薄れ、あやさんもいつのこと?とわからなくなってしまいます。言葉の問題もあるでしょうが、辞書を使ったりジェスチャーででも伝えてみて下さい。自分で伝えようとすることが大切です。
 

○指示ははっきりと明確に。

曖昧な指示をしていると、あやさんもどうすればいいのか、はっきりした答えが出ません。お互い習慣や文化の違いがありますし、「わかってくれるだろう」と思うのは大きな間違いです。
 

○人前で叱ったり、怒鳴ったりしない。

タイ人はプライドが高いです。注意をするとに人前で叱ったり、大きな声で怒鳴ったりするととても傷つきます。いつも広い心を持ち、穏やかな気持ちで注意するよ
うに心がけましょう。
 

○仕事がスムーズに進むように雇用者側も配慮する。

何事もあやさん任せではなく、整理整頓はある程度自分でするとか、物をまとめて掃除をしやすいようにしてあげる、などという気配りは大切ではないでしょうか。また、時々掃除がしやすいように家を空けてあげるのも良いかもしれません。
 
(次号に続く)

チンチョ・プロフィール

在タイ10年以上の主婦。ひょんなことからあやさんと日本人奥様の仲介をすることに。バンコク滞在経験を生かして双方の相談に乗ったり、多くのトラブルに対応。そしてまさかの高齢出産。あやさんに助けられながら家事に育児にボランティアに奮闘中。

関連記事...

バックナンバー情報..