コラム バンコクとあやさんと私 第16回 「あやさん歴」

バンコクとあやさんと私

第16回 「あやさん歴」

あやさんを雇ってらっしゃる方、ご自分の雇用しているあやさんの履歴ご存じですか? 日本人家庭で大切に育てられたあやさん、タイ人のお宅で育てられ色々な人種のお宅を経験しているあやさん、忙しい家庭で働き通しのあやさん、留守がちなお宅で特別な仕事もなくのんびり過ごしているあやさん、初めてあやさん業についた人、などそれぞれだと思います。

日本人は基本的に日本人歴のある人を好みます。そして、推薦状があることに安心感を感じる人が多いです。実際私も来タイ当初はそうでした。もちろん日本人経験があるのとないのでは経験値が違います。ですから一概には言えないのですが、あやさん探しのお手伝いをさせて頂き、色々なあやさんと接していく中で、過去の履歴だけで決めてしまうのはもったいないなと思いました。もちろん、ある程度意思の疎通が出来ないと働いてもらう上で難しい面もありますが、“勘”の良い人だと言葉が通じなくても、こちらのして欲しいことをわかってくれます。そして言われたことを素直に聞き、気持ちよく実行してくれます。
 
あやさん歴が長い人の中には、プライドが高かったり、自分のやり方、流れが決まっていて融通が利かない人もいます。とはいえ長い経験の中で培ってきた知識があるし、日本人歴が長ければ多少日本語が出来る人もいるので、来タイ当初は助けてもらえることが多いかもしれません。一方、日本人歴のないあやさん、もしくはあやさん歴のないあやさんを雇う場合は、コミュニケーションや日本人気質を理解してもらうのに多少時間がかかるでしょう。しかし経験がない分、こちらの要求に応えてくれやすかったりもします。どちらにも良い面、悪い面はありますね。
 
いずれにしろ、雇用者側の対応によって結果が違ってくるという点を忘れてはいけません。あやさんの悪い点ばかり指摘するのではなく、良い面もしっかり褒め、上手く乗せてあげるとモチベーションが上がってきますし、彼女達の主張を受け入れてあげることでやりがいも生まれます。
 
最後に、“勘”の良い新人あやさんに当たらない限り、経験がある人を雇うケースが多いと思いますが、その際、あやさんの「経歴」を評価する事は大切だと思います。ご自分のあやさんを「経歴に見合った条件で雇っているか?」もう一度考えてみてあげて下さい。

チンチョ・プロフィール

在タイ10年以上の主婦。ひょんなことからあやさんと日本人奥様の仲介をすることに。バンコク滞在経験を生かして双方の相談に乗ったり、多くのトラブルに対応。そしてまさかの高齢出産。あやさんに助けられながら家事に育児にボランティアに奮闘中。

関連記事...

バックナンバー情報..