コラム バンコクとあやさんと私 第11回 「推薦状・紹介状」

バンコクとあやさんと私

第11回 「推薦状・紹介状」

今回は、異動の時期に関するあやさんの仕事の引き継ぎ先探し、あやさんの推薦状・紹介状についてです。あやさん達の間では、私の発音が正しければ「バイパーンガーン」と言われています。異動される方の中で、特にあやさんに感謝の気持ちを感じている方は、あやさんの次の仕事先探しも自分の事以上に真剣にされている方が多いです。彼女たちの生活がかかっていますからね。見つけてあげられなかった方は、その分退職金を弾んであげたりする事も多いです。

さて、仕事先の見つかる見つからないに関わらず、あやさんから推薦状を書いて欲しいと言われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。私も今まで色々な推薦状を見てきました。日本人を始め、西洋人やタイ人の方が書いた物も。感動するものから、あれ?? と思えるものまで...。
 
推薦状に決まった形式はありません。書き方は自由ですが、あまり感情を込めて書くと、読み手の人が鵜呑みにしたり、受け取り方を間違えたりするケースもあるので気をつけましょう。まずは、あやさんの名前、生年月日、出身、雇用されていた条件(勤務時間、期間、最終お給料、ボーナス、仕事内容)は、書いてあげると参考になります。料理が出来る人は出来る料理の名前を記入してあげるとわかりやすいです(料理は出来ても、料理の名前を知らないあやさんは結構います)。また、得意なことや良い部分、反対に気をつけることがあれば記入してあげると助かります。名前(ニックネーム)はいくつも持っている人や変えている人もいます。年齢も日本人ほどタイ人は気にしていないので、正確でない場合もあります。全体的に、あやさんと雇用者との相性もありますから、あまり細かく書くことはお勧めしません。先入観が先走ってしまう可能性を避けましょう。また、西洋人に多いのですが、帰国してからもそのあやさんについて質問が出来るように、自分のメールアドレスや電話番号が書いてあります。
 
一方、推薦状を読む側が気をつけなければいけないことは、「推薦状があるから良いあやさんだ」と思い込まないことです。人から人へ、紹介だけで受け継がれている良いあやさんもいますし、推薦状の有無だけで判断してしまうのはもったいないですね。しかし、推薦状を持っているということは、少なからず書かれた雇用者からは喜ばれていたということは事実でしょうね。最後に、同じ日本人の家庭から引き継いで雇う場合は、出来るだけ前の雇用条件をそのまま引き継ぐことがベストです。

チンチョ・プロフィール

在タイ10年以上の主婦。ひょんなことからあやさんと日本人奥様の仲介をすることに。バンコク滞在経験を生かして双方の相談に乗ったり、多くのトラブルに対応。そしてまさかの高齢出産。あやさんに助けられながら家事に育児にボランティアに奮闘中。

関連記事...

バックナンバー情報..