コラム コスメパーラー [Vol.56] 眉のお悩みを解決するポイント(その2)

タイを拠点に活躍する美容研究家IKKYUUのビューティコラム Cosme parlor

[Vol.56] 眉のお悩みを解決するポイント(その2)

眉のお悩みを解決するポイント(その2)

きれいな眉を描くポイント

1. 眉と眉の間やまぶたに生えている無駄毛を処理します。
 
2. 使用するカラーは、眉が髪の毛と目の間に位置するために、その中間色を選びます。
迷った場合には、髪の毛のボリュームの方が多いので、髪の毛の色に近い色を選ぶと無難です。シルバーグレイの髪の方は、濃い目のグレイを使用されると自然な若々しい印象になります。
 
3. 左右の眉の位置が不ぞろいな場合は、左右の眉頭の部分の高さをほぼ同じに揃えます。ここがそろっていないと、左右の眉がものすごくアンバランスに見えます。
 
4. 眉のアウトラインをアイブロウパウダーで描きます。
 
5. アイブロウペンシルで輪郭の中を1本、1本書き足して描きます。
眉山から眉尻に向かう5mmの部分の色味とラインは、濃くはっきり描いてください。
 
6. 眉頭から眉山にかけての1cmの部分は、ぼかして薄くしてください。
 
7. 眉山から眉尻にかけては徐々に細く、薄く描いてください。

眉は、左右のバランスがとても大切ですので、まず描きにくい方の眉を先に作り、左右のバランスを取りながら、描きやすい方を描かれると美しく仕上がります。

by IKKYUU 「美容研究家」

ハリウッド映画、ミュージックビデオ、CM等のメイクを実施。故ダイアナ妃、IMAN等のヘアスタイリスト KEVIN MICHAELS 氏のショーメイクを担当。タイの好感度No.1スーパーモデル“ルックゲイ”、NYのトップ10モデル“フローレンス”など世界で活躍するモデル、女優に美肌ケアを指導。現在は「成功ロゴマーク」の鑑定や制作、「おもてなし道」の講師としても活躍中。

関連記事...

バックナンバー情報..