コラム タイ野菜でべジフルライフ 第87回 スイカ(テンモー)

タイ野菜でべジフルライフ

第87回 スイカ(テンモー)

スイカ(西瓜)
แตงโม (テンモー)
Water melon

6月にSALADeeでロシア料理を楽しむ会を開催しました。私自身はロシアの地を踏んだことがないのですが、ロシア在住経験のある野菜ソムリエ仲間に話しをしてもらい、私がロシア料理を作って提供しました。ロシアのことを調べていてとても興味深かったのは、「ダーチャ」という菜園付きの別荘です。貧富に関わらず、ロシア人のほとんどが所有し、週末や夏休みをそこで過ごします。モスクワの週末はダーチャ渋滞があるほどで、サンクトペテルブルクにはダーチャ列車があるそうです。ダーチャで野菜や果物を育てたり、近くでキノコやベリーを採ったりして、ジャムやピクルス、干しものなど保存食を作ったりしながらのんびり過ごします。なんだかあこがれるライフスタイルですね。ダーチャの始まりはピョートル大帝だそうですが、第二次世界大戦後に食料不足対策として国が市民に土地を与えて庶民に広まりました。社会主義国だからできたことでしょうが、経済がどん底になってもロシア人がたくましく生きる支えとなっているようです。食料自給問題を考える時のヒントにもなりそうですね。

さて、そんなロシア人の好物の一つにスイカがあります。寒い国で旬が限られているからでしょうか? 夏になると山積みになって売られるそうですが、日本のスイカも人気で、四角いスイカが8万5千円もの値がつけられたというニュースもありました。今月は、7月27日のスイカの日にも合わせてスイカを紹介してみたいと思います。7月は七夕もありますね。私のオリジナルですが、スイカジュースに塩と梅干と漬物を入れたスイカソーメンがなかなかウケていますので、勇気のある方は試してみてください。

スイカは、園芸分野では野菜になりますが、青果市場では果物として取り扱われています。スイカの果肉は9割が水分ですが、ビタミンやミネラルも豊富で適度な糖分があり、塩を少量かければスポーツドリンクに匹敵するほど熱中症予防に最適です。抗酸化作用のあるリコピンがトマトの約2 倍含まれているので、アンチエイジング効果を期待できます。また、カリウムや白い部分に多く含まれるシトルリンにむくみを解消する働きがあります。甘味は強いですが、他の果物に比べてもカロリーは低く、食物繊維も豊富ですのでダイエットにもおすすめです。

収穫後には追熟しませんので、購入時にしっかり熟したものを選ぶ必要があります。叩いてポンポンという澄んだ音が完熟、高い音は未熟、鈍い音は熟し過ぎと意識して叩き比べてみてください。スイカは真ん中が甘いので、カットする時に真ん中部分が行き渡るようにするといいです。

まるごとのものは、冷暗所で2~4週間程度保存できます。冷蔵庫で長く保存すると甘味がなくなりますので、冷たいのを食べたい時は食べる2時間ほど前に冷蔵庫に入れるといいでしょう。カットしたものはラップして冷蔵庫で保存します。

スイカは古代エジプト時代にも食べられていましたが、種の方が好まれていたようです。それほど種に栄養があるということで、漢方にも利用されるほどですから、気にならない方は種ごと食べるといいでしょう。

安く入手できるタイですので、ジュースやゼリーなどスイーツの他に冷たい麺の具やサラダにする他、ジュースでご飯を炊いたりソーメンの汁替わりにするなど、斬新なメニューにもトライしてみてください。

青澤直子

健幸料理研究家(野菜ソムリエ&雑穀エキスパート)
健幸料理の店 SALADee
491/14-15 Silom PlazaGF, Silom Road

関連記事...

バックナンバー情報..