コラム タイ野菜でべジフルライフ 第75回 ガック(ファクカーオ)

タイ野菜でべジフルライフ

第75回 ガック(ファクカーオ)

ガック/ナンバンカラスウリ/モクベツシ
Gac
ฟักข้าว(ファクカーオ)

 10年くらい前から「スーパーフード」という言葉をよく聞くようになりました。はっきりした定義はありませんが、一般的な食品より栄養価が高くバランスがいいもの、あるいは一部の栄養や健康成分を突出して多く含むもの、料理の食材としての用途と健康食品としての用途を併せ持つような食品とされています。アサイー、カカオ、ココナッツ、チアシード、ブロッコリースプラウト、クコの実などなど、調べてみるとその効能などナルホドさすがと思わせるものがあります。気軽に入手できるなら、普段の食事に取り入れていきたいですね。
 
 それにしても、スーパーフードに値する食品がどんどん出てきて追いつくのが大変なほどです。でも未知の食材、新しい食材に出会うのって楽しいですね。スーパーを超えているのかどうかよくわかりませんが、ミラクルと呼ばれる食品もあります。タイにもミラクルな食品がたくさんあるんです。今回からいくつかそんなミラクルな食材を紹介してみようかなと思います。
 
 もっともマスコミなどの情報をうのみにして飛びつき、異常な食行動に走ることを「フードファディズム」といいます。体にいいとか悪いとかいろんな情報があるでしょうが、「偏らない」「こだわり過ぎない」と思いながら情報に接してください。また、本当に体にいいものは、試すだけでは意味がなく、健康管理、体質改善のためには、長く続けることが肝心です。
 
 中国南部・東南アジアに自生するウリ科の植物です。ニガウリが卵型になったような感じで、中に大きな種が何個もあります。ガックというのはベトナム語で、ベトナムでは、ソイガックと呼ばれる赤い部分を使ったお赤飯をお祝いの日に食したり、お供えにします。タイでは以前は未熟な果実を野菜として食べていましたが、最近は、熟した実のジュースが人気です。抗酸化作用があり美白効果の高いリコペンがトマトの70倍もあり、食品中で最も多く含まれています。他にもニンジンの10倍以上のカロテン、オレンジの60倍以上のビタミンC、トウモロコシの40倍以上の目によいとされるゼアキチンが入っていて、まさに「ミラクルフルーツ」なのです。
 
 また、「天国からの贈り物」とも呼ばれ、ベトナムで食料がない時にガックだけが実をつけて助けられたとか、ベトナム戦争時に枯葉剤に苦しみ、ビタミンAが不足した国民を助けるために特効薬としてガックエキスが利用されたという話もあります。ソイガックを食べたベトナムの子供は、他の子供よりβカロテンの血中濃度が高かったという報告があります。最近は、ジュースだけでなく、サプリメントやオイルなどの商品化がすすんでいます。
 
 料理によっては下処理が必要です。赤い部分を種ごと取り出してウォッカなどアルコールを少し混ぜると色が鮮やかになって、種離れがよくなります。それを濾すとなめらかになって使いやすくなります。こうして処理したものは冷蔵庫で保存するか、冷凍保存もできます。加熱するとオレンジになり、油との相性がよく色がさらにきれいになります。味はほとんどないので、なんの料理にでも混ぜられますが、加熱した方がいいようです。ジュースやジャムにしたり、パンやお菓子、団子の生地に混ぜ込んだり、炊き込みご飯やパスタ、スープにしてもいいでしょう。タイの市場でも熟した実を手に入れられるようになってきました。みつけたらぜひお試しください。

青澤直子

健幸料理研究家(野菜ソムリエ&雑穀エキスパート)
健幸料理の店 SALADee
491/14-15 Silom PlazaGF, Silom Road

関連記事...

バックナンバー情報..