コラム プロが教える! 生命保険見直し術 第9回 加入している生命保険の 内容をご存知ですか?

ライフサポートコラム プロが教える!生命保険の見直し術

第9回 加入している生命保険の 内容をご存知ですか?

 コラムを書かせていただくようになり、「WOMを見て連絡しました!」とお問い合わせいただく機会が増えました。この場を借りて皆様に厚く御礼申し上げます。
 
 さて、私共の個別相談では“生命保険”についてご相談頂いた際、必ずお伝えしている事がございます。今回は私が考えるチェックポイントについて書きたいと思います。
 
 チェックする中で特に重要なポイントは以下の2つです。
①世帯主が死亡もしくは病気やケガ等で就業不能状態になった場合に、奥様とお子様が経済的に安心して生活出来る保障額かどうか。
②親が加入している生命保険の受取人が自分になっていないかどうか。
 
 ①は世帯主が死亡もしくは就業不能になってしまった時、貯蓄、資産、年金等で生活を維持する事が出来れば良いのですが、それだけでは不安な場合、生命保険への加入をお勧めします。特にお子様がいらっしゃるご家庭の方は、収入が停まってしまうリスクについて真剣に考えて頂くと良いかと思います。また、ご主人様の保障額は必ず奥様も把握しておきましょう。
 
 ②は、知らないうちに、親が加入している保険の受取人が自分だった! というケース。加入している保険内容どころか保険会社も知らない方がたくさんいらっしゃいます。もし親が死亡した際、保険証券の保管場所が分からず、加入していた事に気づかなかった場合は、せっかく用意してくれた保険金を受取る事が出来ません。
 
 保険や金融商品を申込する時は、常に“受取時”を意識しましょう。自分が死亡して子供が残されたら、保険をちゃんと申請できるか? 保険の担当者が死亡した際の引き継ぎはきちんとしている会社か? 知らない間に自分が受取人になっている保険はないか?「生命保険の内容がよくわからない」という方は、お気軽にご相談くださいね。

著者プロフィール 久米直也

GLOBAL SUPPORT (THAILAND) CO.,LTD. 代表取締役社長

郵便局に12年間勤務(ゆうちょ3年、かんぽ9年)その後、AIGを経て現在に至る。来タイ6年目、3人の子を持つ父親でもあります

関連記事...

バックナンバー情報..