コラム 九星気学開運術 第31回 宇宙を味方につける開運氣学

九星気学開運術

第31回 宇宙を味方につける開運氣学

 気学は、生命圏(バイオスフィア)の気(エネルギー)の性質を9つに分類しています。ヒトに関して言うならば、生まれた時に初めて触れた大気は非常に重要で、その人の基本的な気質の要素を作ります。それを本命と言います。
 
 「春:暖かい、活動的、明るい」、「夏:熱い、情熱的、火」、「秋:涼しい、実り、楽しい」、「冬:寒い、暗い、寂しい」などの気候(=気)の特徴があるように、一白水星から九紫火星まで、気(=エネルギー)に特徴を帯びているのです。

 今回は、二黒土星についてみてみましょう。
 
 根気がある、根回し上手、世話好き母さんタイプ、誰に対してもやさしく接する人柄を持っている、奥ゆかしく能ある鷹は爪隠すタイプ、慎重、要領が悪い、何をするにも時間がかかる、地味で地道、利害でモノを判断しない、顔に出やすい(不機嫌、思案顔、物思いなど暗いのが出やすい)、気後れする、しなければならないことを先送りしやすい、縁の下の力持ち、ヒトに任せるのが苦手で抱え込みやすい、裏表がない、何でもため込む、手放せない、人を育てて生かす能力が優れている、自分を表に出さないが、チラチラと驕(おご)りは出る。

一白水星(いっぱくすいせい)
二黒土星(じこくどせい)
三碧木星(さんぺきもくせい)
四緑木星(しろくもくせい)
五黄土星(ごおうどせい)
六白金星(ろっぱくきんせい)
七赤金星(しちせききんせい)
八白土星(はっぱくどせい)
九紫火星(きゅうしかせい)

 では、5月の開運のコツをそれぞれあげてみましょう。

一白水星

心配しすぎてやきもきしても仕方がない。じっと抑えて外に表さず、軽はずみな行動をしないことが大事

二黒土星

今がそのタイミング!強い心で気を引き締めて勝負に出るべし。応援者はいるから一歩前へ!

三碧木星

何事もやりすぎ注意。積極的すぎるのは良くない。が、礼儀や倹約のちょっとやりすぎは賛成

四緑木星

家庭や組織で、お互いが信頼協力し合い、それぞれの責任や役割をしっかり果たすことが重要

五黄土星

今月は勝負月。周囲の助言などに耳を傾けて挑みたい。集団のトラブルや問題が起きやすいので注意

六白金星

周囲との意志疎通に難あり。正論をさし控えて(通じない時期)、時が過ぎるのを待つのが得策

七赤金星

今までの地道な行いが周囲に認められる。有頂天にならず敢えて低姿勢で冷静な対応を心がけたい

八白土星

ピンチはチャンス。災い転じて福となるひと月。だから、困難や厄介事にしっかりと向き合いたい

九紫火星

やっと努力が報われる。それはなぜ? あなたが私利私欲から解放されて、人徳の境地に至ったから

by 安慶陽(AN KEIHI)

2009年、社会運勢学の第1人者である村山幸徳先生に出会い、「氣学」を学び実践して人生がガラリと変わる。その後、ヒューマンコンサルティング会社を設立。現在、東洋思想の叡智である「氣学」「易学」「仏教学」で自分の人生を切り拓く開運セミナーや講演を展開中。政治家や起業家の鑑定も多数。

関連記事...

バックナンバー情報..