コラム 九星気学開運術 第29回 宇宙を味方につける開運氣学

九星気学開運術

第29回 宇宙を味方につける開運氣学

 みなさんに質問です! 「あなたはどういう性格の人なのですか?」と聞かれたら、どう答えますか? いきなり、性格を聞かれても正直困りますよね。
 
 そもそも、性格って誰が決めるのでしょうか? 過去5年10年30年振り返ってみてください。
 
 生まれてきた子供は「私、引っ込み思案だから」「私、人に優しいから」などの性格は持っていません。でも、「私、強い子だから」「お姫様だから」などと、学校行く前の子どもは言いますね。それは、誰に言われたのでしょうか?

 「○○ちゃん、優しいからね」などと周囲に言われて、友達に譲ったりするじゃないですか。この子供の行動のもとは何かというと、評価です。
 
 自分が評価されたのが(褒められたり)、段々自分の心の中に入っていって、「自分はこういう性格だから」と刷り込まれます。そして、人間はその性格どおりの行動をとります。つまり、性格は他者評価です。

一白水星(いっぱくすいせい)
二黒土星(じこくどせい)
三碧木星(さんぺきもくせい)
四緑木星(しろくもくせい)
五黄土星(ごおうどせい)
六白金星(ろっぱくきんせい)
七赤金星(しちせききんせい)
八白土星(はっぱくどせい)
九紫火星(きゅうしかせい)

 私たちは、ヒトの言動をみて「あの人はああいう人だ」と判断します。その言動は、他者評価がもとになっています。あれ? みなさん、違和感がありませんか? もともと自分が持っている気質のことが全く出てこないのです。
 
 もともと、生まれながらにして持っている気質も、ヒトに評価されなければ、自分の性格としてツカめない。だから、タイプ別診断をみて、当てはまる人と当てはまらない人がいるのかなと、私は考えます。
 
 この視点で、次月号から考察を深めてみます。お楽しみに。

  では、3月の運勢UPのコツをそれぞれあげてみましょう。

一白水星

 自分が相手にしてあげていることが当たり前になってきて、感謝してこない。怒らずに与え続けられるか、試されている。

二黒土星

 強引さは必要ない。物腰を柔らかく、そしてゆっくり確実にものごとを進めるように。

三碧木星

 今やっていることを発展させて、さらなる成果を得るには、思い上がりを抑えること。

四緑木星

 余分な心(悪意、嫉妬、損得勘定など)がない人を宇宙は応援する。

五黄土星

 生意気と謙虚さをはき違えないように。来たものはすべて「ハイ」とこたえること。

六白金星

 周囲と心を合わせ、協力するには、私心をさしはさまず、公正に物事を行うこと。

七赤金星

 困難の中に必ず宝がある。言い訳せずに、諦めずに、宝を探してみよう。

八白土星

 今ある成果は自分のおかげだと思っていたら、全てをはぎ取られる。注意!

九紫火星

 問題解決のチャンス到来。ポイントは、現状打破の積極策に出ること。

by 安慶陽(AN KEIHI)

2009年、社会運勢学の第1人者である村山幸徳先生に出会い、「氣学」を学び実践して人生がガラリと変わる。その後、ヒューマンコンサルティング会社を設立。現在、東洋思想の叡智である「氣学」「易学」「仏教学」で自分の人生を切り拓く開運セミナーや講演を展開中。政治家や起業家の鑑定も多数。

関連記事...

バックナンバー情報..