コラム人生一度きり第14回 好きな事をする日々

人生一度きり

第14回 好きな事をする日々

 さあ、2回目のお正月、春節の時期ですね。2017年もひと月が過ぎましたが、やりたい事は始められていますか?
 
 私が2016年から始め、続けているのはバレエです。バレエって踊るあの? そうです、白鳥の湖のアレです。4年ぶりに再開した習い事です。子どもの頃に憧れたものの、30代になってからようやく始めたバレエ。10数年の間に、スタジオが変わったり、自分が引っ越したり…。仕事や環境が変化する中で幾度となく中断しながらも、細々と続けてきました。不思議なもので、完全にやめる事はなく、ここバンコクでもまたレッスンを受ける機会が持てました。
 
 とは言え、まる4年動かさなかった体は想像以上になまっていて、以前鍛えたはずの筋肉も衰え、バランスを取って立つのも難しいほどになっていました。鏡に映る姿は私のイメージとは全く違うものでした。出来たはずの事が出来ない苛立ちや、しなやかさとは程遠い姿を目にしては意気消沈し…。本当に身体は覚えるのは遅いのに、忘れるのはあっと言う間なのだ、と思い知らされるのでした。
 
 それでも、嬉しかった。シューズで床をこする感触。バーを離し、バランスをとる感覚。筋肉を感じ、音に身を任せる、あたまが空っぽになる瞬間や、出来なかった事が少しずつ出来るようになる喜び。「好き」とはこういう事、下手だろうとなんだろうと、「好き」は「楽しみ」なんだと、改めて心の底から感じました。
 
 人は歳をとります。初めてバレエのレッスンに行った頃に目にした、美しくしなやかに踊る女性が60歳だったり、別のレッスンスタジオでは70代の現役の先生がいらっしゃったりして驚いた私も既に50代。先日、このバンコクのスタジオで出会った若い方から、「お若いですね」に続けて、「お元気ですね」と声をかけられた。いやいや、まだその言葉がけは早いでしょ?(苦笑)でも自然にその言葉を喜べる日まで続けてみたくもなりました。
 
 やりたい、やってみたい事は思いだけに留まらせることなく、実際に動いてやってみましょう。行動してみるときっと何かが変わるはず。その次が見えてくるはず。
 
 一度きりの人生、好きな事を、心と身体が喜ぶ事をもっと、もっとたくさんしようではないですか。

by hiroko 「結婚・離婚アドバイザー」

来タイ4年目! ライター、ラジオDJ、普段着物愛好家。着物をもっと身近なものにをモットーに、バンコクFM放送局J-channel、毎週月曜日Morning Kissには着物やゆかたで出演中。リクエスト、メッセージなど大歓迎です

J-channel Webサイト

関連記事...

バックナンバー情報..