コラム プロが教える! 生命保険見直し術 第18回 海外居住日本人だけのメリット

ライフサポートコラム プロが教える!生命保険の見直し術

第18回 海外居住日本人だけのメリット

 資産運用するにあたって、海外居住者のメリットをお伝えしたいと思います。
 
 海外に住んでいると、日本国内と海外では様々な物や事の値段がずいぶん違うな、と感じることが多々あるのではないでしょうか?
 
 生命保険も、同じ保険会社で同じ商品構成でも、加入する国によって運用リターンが大きく違ってくることがあります。また、日本で支払う保険料と同じか、それ以下の保険料にも関わらず、リターンが何倍も違うものもあります。
 
 弊社で取り扱っている保険商品もそうですが、香港やシンガポールなど、オフショアと言われている地域で生命保険に加入すると、高い利回りの貯蓄性生命保険に加入することができます。
 
 日本はマイナス金利の影響もあり、現在厳しい運用状況にありますが、オフショア生命保険の場合ですと、格付けAランク以上の保険会社で予定利率4〜6%程度で運用されています。高い運用利回りの要因は、事業コストの低さや運
用手法の違いなどからきています。
 
 一方、日本の保険業法では日本居住者が海外の生命保険を契約する場合は金融再生委員会の許可が必要とされ、実質的に制限されています。
 
 また外国の保険会社等が日本で営業活動することは金融商品取引法で禁止されています。
 
 これらの規定は海外在住者であれば適用外となるため、海外在住中にオフショア地域で生命保険を契約する方が増えています。
 
 日本に本帰国する際も解約する必要はなく、引き続き保有することが出来るため、資産運用を継続することが可能です。また日本にお住いのまま保険金を受け取ることもできます。
 
 海外在住中だけのチャンスですから、しっかり情報を集めておきましょう。ご相談はいつでも承っておりますので、お気軽にご連絡くださいね。

著者プロフィール 久米直也

GLOBAL SUPPORT (THAILAND) CO.,LTD. 代表取締役社長

郵便局に12年間勤務(ゆうちょ3年、かんぽ9年)その後、AIGを経て現在に至る。来タイ6年目、3人の子を持つ父親でもあります

関連記事...

バックナンバー情報..