コラム コスメパーラー [Vol.65] 敏感肌を見分けるポイント

タイを拠点に活躍する美容研究家IKKYUUのビューティコラム Cosme parlor

[Vol.65] 敏感肌を見分けるポイント

 ご自身のお肌が敏感肌かどうかという判断をするポイントをお話しいたします。敏感肌と良く言われますが、決まった基準があるわけではなく、また測定する機材もありません。次のような項目に当てはまるお肌の状態が多いほど、敏感肌の度合いが強いと考えられます。

  1. メイク落としをする際に、コットンやティッシュペーパーを使用した後に、お肌が赤くなったり、ひりつきを感じる。
  2. 洗顔料を使用して洗顔した後、お肌のつっぱりやひりつきを強めに感じる。
  3. 温度差により、お顔が赤ら顔になりやすい。
  4. 季節の変わり目に、肌トラブルを起こすことが多い。
  5. 化粧品のブランドを変えると、肌トラブルを起こすことが多い。
  6. 洗顔後、アルコール含有の収斂化粧水(トーニングローション等)を使用するとお肌にしみることが多い。
  7. 金属製のブレスレットやネックレスで手首や首にかぶれ(アレルギー性皮膚炎)を起こす。
  8. 洗濯の際使用した、柔軟剤(ソフナー)等により首回りなどにかぶれ(アレルギー性皮膚炎)を起こす。
  9. 色白のお肌で、紫外線を浴びると黒くならずに赤くなりやすい。
  10. お肌が薄く、毛細血管が透けて見える。

 また、生理の前後は、ほとんどの方のお肌が敏感になりやすい時期です。特に生理の一週間前は、新しい化粧品(ブランド)を試したり、切り替えられることは避けて下さい。

by IKKYUU 「美容研究家」

ハリウッド映画、ミュージックビデオ、CM等のメイクを実施。故ダイアナ妃、IMAN等のヘアスタイリスト KEVIN MICHAELS 氏のショーメイクを担当。タイの好感度No.1スーパーモデル“ルックゲイ”、NYのトップ10モデル“フローレンス”など世界で活躍するモデル、女優に美肌ケアを指導。現在は「成功ロゴマーク」の鑑定や制作、「おもてなし道」の講師としても活躍中。

関連記事...

バックナンバー情報..