コラム バンコクとあやさんと私 第79回 ソンクラーン

バンコクとあやさんと私

第79回 ソンクラーン

 一気に暑くなってきたバンコク。いよいよ一年で最も暑い時期がきますね。ソンクラーン時期の暑さは、日本人だけでなくタイ人にも堪えるみたいです…。しかし、ソンクラーンはタイ人にとってのお正月ですから、1年の中で最も大切な行事と言えます。

コラム バンコクとあやさんと私 第78階 ソンクラーン

 田舎から出てバンコクで働いているタイ人は、殆どの人がこの時期に帰省します。だから日本のGWのように、道路は渋滞、飛行機や汽車は満席、という状態に。場所にもよりますが、帰省に丸1日かかることも少なくありません。あやさんはお金に余裕がないので、友達や親せきと乗り合いバス(バン)で帰省することも多いです。また、混む時期を避けて帰省したいというのが本音です。ということで、ソンクラーンは通常4月13日~15日ですが、タイ人の休みは実質前後合わせて1週間くらいが平均です。長く感じるかもしれませんが、ここは気持ち良くお休みをあげて、ソンクラーン明けからもしっかり働いてもらいましょう。

また、最近ではあまり聞きませんが、以前、ソンクラーンの旅行は“あやさんの実家”という駐在家族の方もいました。良い関係が持てているからでしょうね。彼女達も雇用者が実家に来てくれることで、外国人のお宅で働き、雇用者から信頼され仲良くしてもらっている、という印象を家族に与える事ができたのでしょうね。
 皆さんも楽しいソンクラーンをお過ごしください。

コラム バンコクとあやさんと私 第78階 ソンクラーン

チンチョ・プロフィール

在タイ10年以上の主婦。ひょんなことからあやさんと日本人奥様の仲介をすることに。バンコク滞在経験を生かして双方の相談に乗ったり、多くのトラブルに対応。そしてまさかの高齢出産。あやさんに助けられながら家事に育児にボランティアに奮闘中。

関連記事...

バックナンバー情報..