MORE THAN WORD

金魚草

金魚草
スナップドラゴン
なんて言われている私。
鼻に似たようななんても言われるほど
パッとしないあだ名の多い私。
 
普段は好きなように言わせておく。
 
でもこんなシーンでは真紅の口紅をつけて
ゴージャスに変身できる私。
 
ねえ、素敵なあだ名つけてくれる?

金魚草

オオバコ科キンギョソウ属
学名 Antirrhinum
英名 Snapdragon
 
南ヨーロッパ、北アフリカ原産の金魚草は江戸時代に渡来。
名前の由来は金魚に似ていることから。耐寒性、耐暑性に強い花。
ギリシャ語の Antirrhium は「鼻に似ている」、英語のスナップドラゴンは「竜が噛み付く」という意味。
色とりどりで品種が多いので用途に合わせて楽しめる

by marco 「フローラルアーティスト/インテリア&フードスタイリスト」

東京生まれ。花に関わり約25年、いけばなに出会い17年が経ちました。花を通して色々なことが発見できる楽しさや幸せな気持ちをシェアできたらいいな。そう思いながら花に触れている毎日を過ごしています。店舗や会社の花装飾、アートの創作、雑誌のスタイリングを手がける。
BLOG: http://stemsfloraldesign.blogspot.com

関連記事...

バックナンバー情報..