コラム プロが教える! 生命保険見直し術 第7回 ファイナンシャルプランナー(FP)について

ライフサポートコラム プロが教える!生命保険の見直し術

第7回 ファイナンシャルプランナー(FP)について

 駐在家庭の奥様も、そうでない方も、タイに来て習い事を始めた方は多いのではないでしょうか? そして日本に本帰国した時、タイで取得した資格や経験を活かしてご自身でビジネスを始めたり、就職されたり、という話もよく聞きます。
 
 今回はそんな“資格”の中で、私が「ぜひ取得されておいたら、日本で就職先にもお金にも困らないな」と思う資格、ファイナンシャルプランナー(FP)について書きたいと思います。
 
 ファイナンシャルプランナーの資格は国家資格と民間資格があります。国家資格は1級FP技能士〜3級FP技能士、民間資格はAFP、CFPと分かれています。
 
 実は現在、日本では銀行や郵便局の窓口のお仕事は主婦など、女性の方のパート採用が増えているんです。営業時間が9時〜15時と子育てや家事をしながらの勤務が可能なのが魅力です。そうしたお仕事に就くには、このFPの資格が非常に有効です。更に金融・保険・不動産・住宅メーカーなどの営業部門、人事、総務部門でのFP有資格者募集も多く、就職に有利です。中でも保険のお仕事は女性が働きやすい環境の会社が多く、人気です。またファイナンシャルプランナーとして独立・開業する道もあります。経験を積み、講師や雑誌の執筆活動で活躍されている方も沢山いらっしゃいます。
 
 弊社では、そのファイナンシャルプランナーの資格をタイ在住中に習得出来るアドバイスを行っています。この2月に「ゼロから始めるFPへの道」としてセミナー(無料)も行いますので、ぜひチャンスをお見逃しなく! 再就職目的でなくても、ご自身・ご家庭の資産運用の知識を身に付ける為にもぜひ勉強を始めてみませんか?

著者プロフィール 久米直也

GLOBAL SUPPORT (THAILAND) CO.,LTD. 代表取締役社長

郵便局に12年間勤務(ゆうちょ3年、かんぽ9年)その後、AIGを経て現在に至る。来タイ6年目、3人の子を持つ父親でもあります

関連記事...

バックナンバー情報..