コラム 輝け自分! ハッピーライフコーチング 第16回 ハッピーライフコーチング

輝け自分! ハッピーライフコーチング

第16回 ハッピーライフコーチング

 子育てのコーチングやセミナーでは、反抗期と思春期のお子さんを持つお母様からの相談が多いように思います。子供の目に余る態度や口の聞き方に、ついカッとなって叱ってしまい、落ち込むこともありますよね。最近は「叱らない育児」などもよく耳にしますが、実際のところどうなのでしょう?
 
 子供、特に0歳から7歳までは自己中心的であり、自分のものも人のものも同じという「同一化」の時期。物だけでなく自分が思う事は相手も同じはずと思うので、自分の思い通りにならないと癇癪を起こして大変なことも。この時期は大人からのエネルギーを特に必要とする時期であり“十分に受け入れてあげること”が心の成長に必要です。ただ、子供があまりに理不尽なことを言う時は、「いい加減にしなさい」というカツを入れることも大切。子供はいつでも自分が欲しい時に欲しい形で構ってもらいたがるので、親がたとえ違う時に違う形で愛情を与えていても、自分が欲しい時に欲しい形でもらえないと「私のことが好きじゃないんだ」と思いこんでしまうことがあります。そう思い込んだまま育ってしまうと、大人になってから人間関係が難しくなってしまうことも。
 
 例えば、そのような子が将来主婦になり、ある日、旦那さんが帰って来たら話をしようと待ち構えていた。でも旦那さんは全然話を聞いてくれない。すると「私や家族のことはどうでもいいんだ」と怒りを感じてしまう。相手は単に疲れていたり、まだ仕事モードで話に集中できないだけかもしれないのに、自分が欲しい時に欲しい形で反応が返ってこないと、愛されていないと思ってしまうのです。また、相手が自分の事を思って意見をくれた時、自分が欲しい言葉でないと素直に聞くことができなかったり、それどころか「否定された」と感じて怒ったり、悶々としたりするかもしれません。
 
 人を育てるには「よしよし」と分かって寄り添ってあげることもとても大切ですが、同じように「あなたはちゃんと愛情をもらっているでしょ」と言う厳しさも大切です。しっかりと目を見て「あの時、ママはこうだったよね」とお子さんに話をすると「ママはそういえばあの時こうしてくれていた」とその愛情に気づくことができるのです。
 
 親もまた人間なので、感情のまま子供を怒ってしまってうこともあると思います。そんな時にはしっかりと「ごめんね」と謝ることで子供の感情も溶けていくのです。子供を叱る時には「そこに愛があるのか」、を見つめていきたいですね。

by 田中 瑞恵 「ファミリーセラピスト」

青山学院女子短期大学 児童教育学科・教養専攻卒業。海外駐在歴12 年、うち海外での育児経験10年、3か国で生活経験あり。国際コーチ連盟(ICF)コーチトレーニングプログラム修了【所持資格】全米NLP協会マスタープラクティショナー・コーチング、CIBTAC英国国際セラピスト、育児セラピスト、食育指導士
新しいブログ始めました! http://ameblo.jp/happy-family-therapy-sun/
ブログ http://treasurebx.exblog.jp/

関連記事...

バックナンバー情報..