コラム 九星気学開運術 第1回 宇宙を味方につける開運氣学

九星気学開運術

第1回 宇宙を味方につける開運氣学

 みなさん「氣学」をご存じですか? はじめて聞いたという人もいらっしゃるかもしれませんね。氣学は読んで字のごとく、氣(=エネルギー)を学ぶ学問で、4000~5000年前に中国で生まれました。日本には聖徳太子が活躍する少し前に伝わってきています。陰陽師、鬼門封じ、方違(かたたが)え、易、暦、漢方などはすべて氣学の内容になります。
 
 氣学では、宇宙、地球、自然に存在するあらゆるものは、氣(=エネルギー)を持っていて、私たち生命もそれぞれ氣(=エネルギー)を持っていると考えます。この生命エネルギーは大きく分けると9つあり、「九星」といいます。星と書いてありますが、星占いの星じゃなくて性質のことです。

九星=九生

9タイプの生命エネルギー

 九星を調べると、あなたを最大限に活かしてくれる氣の流れがわかります。これは、誕生日で紐解いていきます。生まれた年の星を「本命」といい、あなたが生まれながらにして持っている基本的な性質や運勢がわかります。さっそく本命星一覧表で調べてみましょう。氣学では、1年の始まりを立春としていますので、1月1日~2月3日までに生まれた人は、前の年の星が本命となります。間違えないように気をつけてくださいね(上図「本命星一覧表」参照)

 それぞれのイイ特徴を3つずつあげてみます。

一白水星[いっぱくすいせい]人は

心がやさしい/繊細でデリケート/悩んだ分だけ幸せになる。

二黒土星[じこくどせい]

面倒見がいい/母性的なやさしさ/粘り強い。

三碧木星[さんぺきもくせい]

明るい元気印/好奇心旺盛/アクティブ。

四緑木星[しろくもくせい]

温厚で人当たりがいい/気が長い/大きなミスがない。

五黄土星[ごおうどせい]

影響力が強い/我が道をいく/愛情が深い。

六白金星[ろっぱくきんせい]

自分に厳しい完璧主義/責任感が強い/奉仕精神がある。

七赤金星[しちせききんせい]

愛嬌があってかわいがられる/社交的/天然キャラ。

八白土星[はっぱくどせい]

理想が高い/まじめで姉御肌/家族を大事にすれば運勢強い。

九紫火星[きゅうしかせい]

情熱家/何をやっても目立つ/頭がいい。

 もともと自分が持っている氣に沿って(=本命らしく)生きることが開運への第一歩です。
 
 氣学は天体学で占いではないので、アタリハズレはありません。ハズレの方は、あなたが本来もっている特徴がオモテに出ていないですね。ぜひ意識してみてください。アタリの方、これがあなたの良さです。伸ばしていくと吉ですよ。

by 安慶陽(AN KEIHI)

2009年、社会運勢学の第1人者である村山幸徳先生に出会い、「氣学」を学び実践して人生がガラリと変わる。その後、ヒューマンコンサルティング会社を設立。現在、東洋思想の叡智である「氣学」「易学」「仏教学」で自分の人生を切り拓く開運セミナーや講演を展開中。政治家や起業家の鑑定も多数。

関連記事...

バックナンバー情報..