コラムはと麦入り☆赤飯

はと麦入り☆赤飯

健康を考えて、白米に雑穀をプラスして炊くのが流行りのようです。日本で大昔から食べられてきた、麦・あわ・ひえ・きび・はと麦などは、日本人の長寿と健康を支えてきた、とも言われているそうです。私も日本へ帰るたびに、押し麦や十穀米、十六穀米などを買って帰って来ますが、こちらのスーパーなどで、色とりどりのお米や色んな雑穀が目に入るたびに、ふだん使いできるものはないかなぁ、と思い続けていました。そんなある時、ふと目に止まったのがまるまるとしておいしそうな〝はと麦〞でした。

買って来て、早速はと麦のことを調べると、美肌効果、ダイエット、デトックス効果もあり、中国では昔から漢方に用いられ、食物繊維が豊富…。これはもう使わない手はありません。タイでは主にデザートに使われているようですが、早速、ご飯に混ぜて炊いてみました。

材料

1.5合
もち米2分の1合
ささげ(もしくは、あずき)2分の1合
はと麦2分の1合
  
  

 

作り方

1.米ともち米は、洗ってザルにあげておく。

 

2.ささげとはと麦もさっと洗い、水カップ3をそそぎ、中火にかけて30分茹でる(途中、茹で汁が少なくなったら水をたす)。

 

3.ささげ・はと麦と、茹で汁を分けて、茹で汁をおたまですくうなどして手早く冷ます。

 

4.内釜に米を入れ、茹で汁を入れたら2合の目盛りまで水を入れ、ささげとはと麦を入れて炊く。お好みでごま塩を振って。

POINT!

はと麦もきれいなあずき色に染まって、プリプリおいしくいただけます。ささげやあずきを入れず、ふつうにはと麦だけを白米に加えて炊いても勿論、おいしくいただけます。はと麦の割合はお好みで…。その場合、はと麦はある程度やわらかくなるまで茹でてから(30~40分)ご飯といっしょに炊くのがコツです。

はと麦が固いとゴロゴロしてしまい、おいしくありません。やわらかく茹でたはと麦は、サラダやスープに加えると見た目もおしゃれ。ストックしておくととっても便利です!

by WOM 編集部

関連記事...

バックナンバー情報..