今夜の料理はおまかせクッキング

シュリンプ☆トースト

家庭で本場のシェフの味!キユーピー「今夜の料理はおまかせクッキング」。今月は素材と味にこだわるカフェ&レストラン「バンコクビター」から、地中海料理の定番メニュー「シュリンプトースト」をご紹介します。フレンチレストランの前菜でサーブされるようなオシャレな料理…。本当に家庭でできるの!?大丈夫、「キユーピーマヨネーズジャパニーズスタイル」があなたを一流シェフにしてくれます。今回はオーナーのTAE (テー) さんが、自ら厨房に立ってレシピを伝授してくれました!


材料 (2~3人分)

キユーピーマヨネーズジャパニーズスタイル……………20g

エビ (中サイズ) …………………2~3尾

パン (サワードゥ) ………スライス1~2枚

いくら・とびこ………………………適量

シャロット……………………2~3かけ

ディル…………………………………適量

ライム・塩・コショウ…………………少々


今回使用した商品

  • キユーピー マヨネーズ ジャパニーズスタイル

    卵黄のみを使用したお馴染みの日本スタイルのマヨネーズです。甘みはなく卵黄のコクが強く酸味があります。寿司、お好み焼き、たこ焼きや揚げ物に良く合います

    130ml ฿45 / 520ml ฿150


作り方

  • 1.エビをタテ半分にカットしてフライパンで焼く。塩・コショウをふる
  • 2.パンを両面焼く。今回のパンはヴィラスーパーで購入したもの
  • 3.キユーピーマヨネーズジャパニーズスタイル、ライム、シャロットとディルの千切り、1のエビをミックス!
  • 4.2のパンに3をのせ、いくら・とびこ・ディルを飾って完成
  • 5.


取材協力 = Bangkok Bitter

オーナーのTAE (テー) さん
高校時代から料理が好きだったテーさんは、シドニーの大学に進み、帰国後コルドン・ブルーで料理を学びました。スクムビット38に新しいカフェをオープンさせる予定

Bangkok Bitter

トンロー・ソイ5 (No.882階)

TEL02-712-7996

OPEN11:00~23:00

 

※ソンクラン休み4/12~14

ランチセットB299~が日本人奥様に人気です!


キユーピー商品に関するお問い合わせ

Kewpie (Thailand) Co., Ltd. Tel : 0-2294-5115(内線333)
キユーピー商品はタイ国内主要スーパーマーケット等でお求めいただけます。


キユーピー駐在員コラム ~愛を世界の食卓に~ Vol.2

皆さん、こんにちは。キユーピー (タイランド) 社営業のNです。

キユーピー (タイランド) 社は昨年、創立20周年を迎えました。タイでのマヨネーズ製造販売開始はそれよりもさらに12年前、1982年まで遡ります。ちょっとした歴史ですね。

キユーピーの創業者、中島董一郎が初めてマヨネーズに出会ったのは100年ほど前のアメリカでした。中島は、当時ポテトサラダに使われていたマヨネーズが美味しくて栄養価も高いと注目し、日本で作ることを決意しました。日本で初めてマヨネーズがお目見えしたのは今からちょうど90年前です。

現在キユーピーのマヨネーズを作っている工場は、日本だけでなく、アメリカ、中国、マレーシア、ベトナム、インドネシア、そしてタイにまで拡がっています。お国によって異なる食文化。日本でマヨネーズ・ドレッシングと言えば、野菜サラダをおいしくする調味料というのが一般的になりましたが、生野菜を食べる習慣がまだ根付いていないタイで、キユーピーの商品をどう使っていただくか、いろいろと考えました。例えば、タイ独自で開発したわさびマヨネーズは、新しもの好きのお客様によってサンドイッチや寿司はもちろん、シーフードにハンバーガーと、私たちの想像以上に新たな味のバラエティが広がっています。

アメリカから日本にやってきたマヨネーズがキユーピーの姓を得て90年、いまや新たに海外に船出し、それぞれの食文化を彩る調味料として定着することを目指しています。創業者中島は、こんな未来を果たして予想していたのでしょうか?

by WOM 編集部

バックナンバー情報..