店舗紹介OIMO(おいも)

OIMO(おいも)

石焼き芋専門店「OIMO」がタイ初登場!美味しい日本の焼き芋をそのままタイで、しかもお手頃価格で提供します。販売者は、日本でタイ食品ブランド「タイの台所」を展開する株式会社アライドコーポレーションの系列会社、バンコクフードシステム。“シルクスイート”“紅はるか”を始め、焼き芋に適したサツマイモを季節ごとに各地から厳選、調理機器にもこだわり、美味しさを追求します。場所はBTSサラデーン駅直結のタニヤプラザBTSウイングの3階。その他、各スーパーマーケットなどに出店予定です。

とにかく甘くて美味しい焼き芋! 1本100バーツ前後で手に入るのは嬉しい。

大学芋も販売してゆく予定です

アライドコーポレーション代表取締役の氏家勇祐さん (右)とスタッフ

アライドコーポレーションは、日本にて1985年より本格的にタイの調味料、インスタント食品などを製造、輸入、販売を開始。タイ料理をきっかけとして“タイを世界へ伝える”プロデューサーのような存在として知られる会社。昨年から「CAコンテナ」と呼ばれる特殊なコンテナで野菜や果物を輸出入する事業を開始。CAコンテナとは、コンテナ内部の空気組成をコントロールし、野菜や果物の呼吸を抑制することで鮮度を保持するシステムで、採れたての鮮度を2週間ほど維持できるのだとか(種類による)!空輸に比べ格段に流通コストを抑えられることから、日本の野菜や果物を新鮮なまま安く、消費者に届けることが可能に。逆にタイのハーブなどを日本に輸入もしています。今回の「OIMO」もその事業の一環となっており、美味しい焼き芋を100gあたり49バーツ(4月現在)で販売しています。

※記載のメニュー・価格などの情報は、予告なく変更になる場合があります。

OIMO(おいも)

●タニヤプラザBTSウイング3階
●10:00~19:00(土日祝定休)

by WOM 編集部

バックナンバー情報..